ベージュワイド袖スウェットにカーキキルトフレアスカートを履いた女性

人気おすすめレディーススウェットコーデ20選|季節別に定番からトレンドまで着こなし方を特集

[記事公開日]2020.6.17
[最終更新日]2021.2.25

スウェットというとカジュアルなイメージが強いかもしれませんが、合わせ方によっては大人でキレイめな着こなしをすることもできるアイテムです。そこで今回は、実は一年中使えるスウェットを使ったおすすめコーデを季節別に紹介していきます。

目次

もっとみる

冬のおすすめレディーススウェットコーデ

冬はスウェットが大活躍する季節なので、さまざまなコーデに取り入れて大活躍させるのがおすすめです。

パープルヴィンテージオーバースウェット×ベージュリブフレアパンツ×白スニーカー

パープルヴィンテージオーバースウェットにベージュリブフレアパンツを履いた女性出典: WEAR

ゆるっとオーバーサイズのスウェットにクリーンなホワイトベージュのリブパンツを合わせた上品マニッシュコーディネートです。スウェットのカラーがキレイ色のパープルなので、カジュアルになりすぎることもありません。

イエローロゴスウェット×ベージュビッグシルエットノーカラーカバーオール×チェックコーデュロイパンツ

イエローロゴスウェットにベージュビッグシルエットノーカラーカバーオールを着た女性出典: WEAR

全体的にカラーの統一感がとれたコーデで、黄色のスウェットプルオーバーもなじんでいます。ボトムスにチェックのコーデュロイパンツを持ってくることでアクセントをプラス。

黒ワッペンロゴスウェット×ブルーデニムパンツ×黒スニーカー

黒ワッペンロゴスウェットにブルーデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

スウェットとジーンズの定番カジュアルですが、黒スウェットを女性らしいラインのものにすると引き締め効果もありながら優し気な雰囲気のコーデになります。

サックスブルーサイドスナップスリットスウェット×白カットチュニック×黒ギャザーロングスカート

サックスブルーサイドスナップスリットスウェットに黒ギャザーロングスカートを履いた女性出典: WEAR

カジュアルになりがちなスウェットも、キレイめカラーを選ぶと大人っぽい印象に仕上がります。ボトムスの黒のボリュームスカートに映える上品な色合わせです。

ブルーピグメントVスウェットプルオーバー×ブルーウールライクスラックスパンツ×白スニーカー

ブルーピグメントVスウェットプルオーバーにブルーウールライクスラックスパンツを履いた女性出典: WEAR

変化のあるシルエットのスウェットは、これひとつでこなれ感を演出してくれます。カラーもブルーグレーの濃淡ワントーンで統一されたおしゃれなコーデです。

春のおすすめレディーススウェットコーデ

春も引き続きスウェットが活躍する季節です。春らしいかわいらしいコーデも、スウェットで作るとこなれ感が出ておすすめです。

グレーロゴスウェット×黒ミモレマーメイドスカート×黒スニーカー

グレーロゴスウェットに黒ミモレマーメイドスカートを履いた女性出典: WEAR

ふんわりとしたシルエットのスウェットをマーメイドスカートに合わせて女性らしい印象を作っています。足元はスニーカーを取り入れてきれいめカジュアルダウン。

ベージュドルマンスリーブオーバースウェット×ブラウンテーパードパンツ×白サンダル

ベージュドルマンスリーブオーバースウェットにブラウンテーパードパンツを履いた女性出典: WEAR

アースカラーのスウェットと黒パンツで大人シックな印象のコーデです。白シューズのデザインで抜け感をプラスしています。

レディーススウェット×プリーツスカート×スニーカー

レディーススウェットにプリーツスカートを履いた女性出典: WEAR

カジュアルな白スウェットも、プリーツロングスカートを組み合わせると一気に女性らしいコーデに変わります。ベージュのスニーカー合わせできれいめフェミニンコーデです。

ベージュハイネッククロップト丈スウェット×ブラックタックワイドパンツ×ブラウン厚底ローファー

ベージュハイネッククロップト丈スウェットにブラックタックワイドパンツを履いた女性出典: WEAR

ゆったりデザインのデニムパンツにコンパクトなスウェットをあわせるとカジュアルでもキレイめコーデになります。厚底のブラウンローファーで落ち着いた印象も作れます。

パープルドロップショルダー袖バルーンスウェット×花柄プリーツロングスカート×シルバーバレエシューズ

パープルドロップショルダー袖バルーンスウェットに花柄プリーツロングスカートを履いた女性出典: WEAR

スウェットに春カラーを取り入れると、季節感あふれるコーデができ上がります。花柄スカートとの相性も抜群の春の暖かみのあるコーデです。シルバーのバレエシューズでさらに軽やかに。

夏のおすすめレディーススウェットコーデ

夏にはスウェットのイメージがあまりないかもしれませんが、実はこなれ感ある印象が作れるのでおすすめです。

白袖フレアギャザースウェット×ブルーチェックパンツ×ブルースニーカー

白袖フレアギャザースウェットにブルーチェックパンツを履いた女性出典: WEAR

袖がフレアで涼しげなシルエットのスウェットが、夏らしい印象を作ってくれます。夏色のブルーのチェックパンツとブルーのスニーカーも夏にぴったりです。

白深Vネックノースリーブスウェット×黒スキニーパンツ×シルバーサンダル

白深Vネックノースリーブスウェットに黒スキニーパンツを履いた女性出典: WEAR

ノースリーブの白スウェットなら、熱い夏でもすっきりさわやかなコーデができます。黒のスキニーパンツを合わせてリーンなシルエットに。シルバーのサンダルを合わせて抜け感を作った夏のシンプルおしゃれコーデです。

ベージュショートカットオフスウェット×ブラウンコーデュロイワイドパンツ×黒スニーカー

ベージュショートカットオフスウェットにブラウンコーデュロイワイドパンツを履いた女性出典: WEAR

夏におしゃれなキャメルのワントーンコーデもスウェット合わせで作ることができます。女性らしい短めシルエットのスウェットなので、カジュアルになりすぎることもありません。

ベージュオーバーサイズスウェット×カーキストライプパンツ×ベージュスニーカー

ベージュオーバーサイズスウェットにカーキストライプパンツを履いた女性出典: WEAR

オーバーサイズのスウェットは、ブラウジングすると女性らしいシルエットを演出してくれます。カーキストライプのパンツも色味を合わせて、こなれ感あるカジュアルスタイルです。

イエローオーバーサイズドルマンスウェット×白レースキャミワンピース×ブルースキニーデニム

イエローオーバーサイズドルマンスウェットに白レースキャミワンピースを着た女性出典: WEAR

季節の変わり目のまだ涼しい季節には、夏のレースキャミワンピコーデにオーバーサイズのスウェットを重ねるのがおすすめです。さわやかなブルーのスキニーデニムと白×黒×赤のフラットシューズを合わせて夏のおしゃれカジュアルコーデに。

秋のおすすめレディーススウェットコーデ

秋はカジュアルなコーデにもかわいらしいコーデでも、幅広くスウェットが活躍します。カラーやシルエットで変化をつけるのがおすすめです。

グリーンレイヤードヘムルーズスウェット×インディゴスキニーデニムパンツ×白スニーカー

グリーンレイヤードヘムルーズスウェットにインディゴスキニーデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

グリーンのオーバーサイズスウェットは裾に白Tシャツを重ねているようなレイヤードデザインを選んで一味違う着こなしに。明るめカラーのスウェットが季節の変わり目にもぴったりのこなれコーデです。

ベージュワイド袖スウェット×カーキキルトフレアスカート×黒サイドゴアショートブーツ

ベージュワイド袖スウェットにカーキキルトフレアスカートを履いた女性出典: WEAR

カーキのAラインフレアスカートにベージュのスウェットをインして落ち着いた柔らかな雰囲気にしたコーデです。黒のサイドゴアブーツが季節感も演出しています

ベージュスウェットクロップトプルパーカー×黒チノハイウエストロングスカート×黒パンプス

ベージュスウェットクロップトプルパーカーに黒チノハイウエストロングスカートを履いた女性出典: WEAR

パーカータイプのスウェットも、黒のハイウエストロングスカートに合わせると女性らしさを演出できておすすめです。黒のポインテッドとィパンプスにソックスを合わせてこなれ感あるスタイルに。

ベージュ吊り編みスウェットパーカー×ベージュ吊り編みワイドパンツ×ピンクストール

ベージュ吊り編みスウェットパーカーにベージュ吊り編みワイドパンツを履いた女性出典: WEAR

秋は全身スウェットでまとめるのもおしゃれでおすすめです。ワイドなシルエットもパーカーで視線を上に。メリハリが欲しい場合はきれい色の小物でアクセントを加えるとぐっと女性らしくなります。。

黒スウェットトレーナー×インディゴデニムタイトスカート×黒ショートブーツ

黒スウェットトレーナーにインディゴデニムタイトスカートを履いた女性出典: WEAR

スウェットとシューズのカラーを黒で統一して引き締め効果抜群のコーデです。トップスがスウェットなので抜け感を作り出してくれます。

まとめ

スウェットはカジュアルなイメージが強いアイテムかもしれませんが、組み合わせ方やシルエットによってはかわいらしくも大人っぽくも仕上げることができる便利アイテムです。1年中さまざまな形で活躍してくれるので、ぜひコーデに取り入れてみることをおすすめします。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事