オックスフォードシャツの人気おすすめレディースコーデ20選|季節別に定番からトレンドまで着こなし方を特集

[記事公開日]2020.6.16

    正統派のオックスフォードシャツは、オフィスにもカジュアルにも学校にも良しという、活用しやすいアイテムです。とはいえあまり季節感を出せないので、コーディネートで季節感を演出するにはどうしたらよいのでしょうか。

    目次

    もっとみる

    春のおすすめオックスフォードシャツコーデ

    春コーデの場合、その軽さや着こなしの感じがどう印象を左右するかがポイントです。布地や色にこだわるのもいいですが、小物を工夫してもよいでしょう。

    白オックスフォードシャツ×カーキミリタリータイトスカート×白ミニリュック

    白オックスフォードシャツとカーキミリタリータイトスカートに白ミニリュックを背負った女性出典: WEAR

    きちんと感が出やすいシャツをあえてゆるく着るコーディネートです。ミニリュックの抜け感が素敵。

    白バンドカラーオックスフォードシャツ×ブルータックパンツ×白バレエシューズ

    白バンドカラーオックスフォードシャツとブルータックパンツに白バレエシューズを履いた女性出典: WEAR

    王道ともいえるコーディネートです。清潔感のあるシャツとカラーパンツは、組み合わせもいっぱいありそうですね。

    白スタンドカラーオックスフォードシャツ×ネイビーチノパン×黒パンプス

    白スタンドカラーオックスフォードシャツとネイビーチノパンに黒パンプスを履いた女性出典: WEAR

    春だからと言って明るい色をチョイスする必要はありません。ボトムスはあえてダークな色を選ぶと、コーディネートがマッチします。

    白オックスフォードシャツ×ストライプイージーワイドパンツ×ベージュハット

    白オックスフォードシャツとストライプイージーワイドパンツにベージュハットをかぶった女性出典: WEAR

    ベーシックなシャツだからこそ、個性的な小物が引き立ちます。ハットもワイドパンツもプラスなので、あえて地味なオックスフォードシャツがいいのです。

    白オックスフォードシャツ×カーキシアーパンツ×黒ベレー帽

    白オックスフォードシャツとカーキシアーパンツに黒ベレー帽をかぶった女性出典: WEAR

    全体的にボリューム感を出し、なおかつカジュアルに仕上がっています。素敵な印象を与えます。

    夏のおすすめオックスフォードシャツコーデ

    夏の場合、布地が厚いと暑苦しい印象を与えます。できるだけ手首を出すなどして、軽い印象をキープしましょう。

    オックスフォードボタンダウンシャツ×赤ロングキャミワンピース×ブラウンウェッジソールサンダル

    オックスフォードボタンダウンシャツと赤ロングキャミワンピースにブラウンウェッジソールサンダルを履いた女性出典: WEAR

    メンズライクなボタンダウンのオックスフォードシャツもキャミワンピースと合わせれば、女性らしいファッションになります。

    黒ハット×半袖オックスフォードシャツ×デニムオーバーオール

    黒ハットと半袖オックスフォードシャツにデニムオーバーオールを履いた女性出典: WEAR

    オックスフォードシャツはメンズライクなアイテムなので、メンズライクなアイテムとよくマッチします。オーバーオールのブルーも素敵。

    オックスフォードクレリックシャツ×白ワイドパンツ×黒サンダル

    オックスフォードクレリックシャツと白ワイドパンツに黒サンダルを履いた女性出典: WEAR

    オックスフォードシャツそのものはスマートなものも多いのですが、ボリューム感のあるボトムスと合わせるならやはりラインはふわりとした大きめがよいでしょう。

    オーバーサイズオックスフォードシャツ×黒テーパードイージーパンツ×ショルダーバッグ

    オーバーサイズオックスフォードシャツと黒テーパードイージーパンツにショルダーバッグをもった女性出典: WEAR

    夏らしい爽やかさを考えるなら、ベストサイズにマッチしたものに王道のテーパードパンツも素敵ですね。

    オックスフォードボタンダウンBIGシャツ×ニットキャミソール×デニムストレートパンツ

    オックスフォードボタンダウンBIGシャツとニットキャミソールにデニムストレートパンツを履いた女性出典: WEAR

    夏の熱い時期、アウターをあえてオックスフォードシャツにすると夏の肌見せの調整が叶います。

    秋のおすすめオックスフォードシャツコーデ

    秋であれば、アウターよりはきっちりボタンを閉めたインナーとしての着用が多いでしょう。1枚で着てもきちんと感が出ます。

    ベージュカーディガン×白オックスフォードビッグシャツ×デニムセンタープレスパンツ

    ベージュカーディガンと白オックスフォードビッグシャツにデニムセンタープレスパンツを履いた女性出典: WEAR

    カーディガンがボリューミーなので、きちんとしたオックスフォードシャツですっきりした部分を作っているのがよいですね。

    ネイビーダッフルコート×ブルーオックスフォードシャツ×ストライプパンツ

    ネイビーダッフルコートとブルーオックスフォードシャツにストライプパンツを履いた女性出典: WEAR

    オックスフォードシャツとダッフルコートの定番の組み合わせ。ストライプパンツを履くことで、おしゃれ度が増しています。

    ブルーオックスフォードシャツ×ストレートスキニーデニム×キャンバスショルダーバッグ

    ブルーオックスフォードシャツとストレートスキニーデニムにキャンバスショルダーバッグをもった女性出典: WEAR

    ボリューム感のあるオックスフォードシャツをサラッと着るのは秋にも使えるテクニックです。ただし、寒くなったらアウターを。

    ベージュオックスフォードビッグシャツ×チュールギャザースカート×黒ショートブーツ

    ベージュオックスフォードビッグシャツとチュールギャザースカートに黒ショートブーツを履いた女性出典: WEAR

    オックスフォードシャツをチュールスカートにインしているため、とてもバランスがよく見えます。シンプルなショートブーツもおしゃれです。

    ブルーオックスフォードシャツ×ホワイトデニムロングタイトスカート×黒ビットローファー

    ブルーオックスフォードシャツとホワイトデニムロングタイトスカートに黒ビットローファーを履いた女性出典: WEAR

    まだ残暑がある時期なら、オックスフォードシャツを抜け感演出のアイテムに使ってもいいでしょう。調整しながら着こなしましょう。

    冬のおすすめオックスフォードシャツコーデ

    冬の場合、圧倒的にインナーとしての着用が多く、アウターの下に着る・中に着ることが多いでしょう。このため、無難なアイテムを選ぶのがよいかもしれません。

    ベージュオックスフォードシャツ×黒タートルネックニットプルオーバー×ブラックデニムスキニーパンツ

    ベージュオックスフォードシャツと黒タートルネックニットプルオーバーにブラックデニムスキニーパンツを履いた女性出典: WEAR

    ワイルドなイメージに仕上がっている、オックスフォードシャツとタートルネックニットのコーデは、細身のアイテムを組み合わせることで、女性らしさのあるスタイルになっています。

    デニムチェスターコート×ブラウンニットベスト×白オックスフォードプルオーバーシャツ

    デニムチェスターコートとブラウンニットベストに白オックスフォードプルオーバーシャツを着た女性出典: WEAR

    オックスフォードシャツの襟と裾をニットから出すコーディネートも、この時期ならではでしょう。ニットとは別の色をチョイスしてくださいね。

    ネイビーミドルダッフルコート×ボルドーVネックニットプルオーバー×白長袖オックスフォードシャツ

    ネイビーミドルダッフルコートとボルドーVネックニットプルオーバーに白長袖オックスフォードシャツを着た女性出典: WEAR

    アウターがカジュアルな場合、オックスフォードシャツのかっちり感がミスマッチを防ぎます。ただし、シャツだけだとあまりに無難なので、その上からプルオーバーなどを。

    ボートネックニットプルオーバー×白オックスフォードシャツ×黒ワイドパンツ

    ボートネックニットプルオーバーと白オックスフォードシャツに黒ワイドパンツを履いた女性出典: WEAR

    ニットの下にオックスフォードシャツのコーディネートは王道ですが、ポートネックや丸首ではないとラインがうまく出ませんので、気をつけて。

    グレーチェスターコート×白クルーネックニットプルオーバー×ブルーオックスフォードシャツ

    グレーチェスターコートと白クルーネックニットプルオーバーにブルーオックスフォードシャツを着た女性出典: WEAR

    ハンサムなチェスターコートとオックスフォードシャツの相性はばっちりです。

    まとめ

    色々なアイテムと合わせたりレイヤードを楽しめたりするのが、オックスフォードシャツのメリットです。
    しかし、下手をすれば地味で無難になりがちなのが、オックスフォードシャツです。季節やシーンによって色やデザイン、着こなし方などを変えてコーディネートするとよいでしょう。

    PICK UP

    ファッションのピックアップ記事