気がつけば夜だった…社会人女性の《休日あるある》まとめ

[記事公開日]2020.6.11

「今日こそ早起きして出かけるぞ!」前日にこんな目標を立ててもぐっすり眠り、ダラダラして終わってしまう休日...今回はそんな休日あるあるを紹介していきます。あなたにもきっと共感できる項目があるはず。

結局何もせず気づいたら休みが終わっている

ほとんどの方がこのパターンを経験しているはず。「今日こそ何かしよう!」と考えても、「でも休みしかゆっくりねれないし」「なんか天気悪いし」「買い物は仕事帰りでいいかな」こんな理由をつけて気づけば夜。ひとり暮らしの場合はなおさらですよね。起こしてくれる人がいないといつまでもお布団の中…。

パジャマから着替えない

せっかく起き上がっても出かける予定もなければ、パジャマから着替えずに夜まで過ごしてしまうこともしばしば…もちろん顔もすっぴんです。挙句の果てに「どこにも行っていないんだからお風呂にも入らなくていいんじゃないか?」という悪い考えがぼんやり浮かびます。

1日中テレビや映画三昧

ある種の充実した休みとも言えますよね。溜まった録画番組や映画は、休みの日にしか消化できません♡特に連続ドラマや海外ドラマって、一気見がとても心地いいもの。平日のように時間を気にせず、夜まで見続けることだって簡単にできちゃいます。

寝すぎてむしろだるくなる

寝すぎて体が重くなったり頭痛がしたり…こんなの日常茶飯事です。「平日の疲れをふきとばそう!」という勢いで心地よく寝ていても、結局寝すぎてしまうとさらに疲れてしまいます。ほどほどにしようとはわかっているんですけどね…。

たまにはそんな休日もいいかも

「あぁわかるな〜」なんて共感した方もいらっしゃるのではないでしょうか。ダラダラすることが悪いわけではありません。しっかりメリハリをつけて、仕事や外出時にちょっと頑張ればいいんです。夜までのんびりするのも休日の過ごし方のひとつ。肩の力を抜いて、仕事も休日もしなやかにいきましょう♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

「明日月曜日か…」働く女子が思う会社に行きたくないと思うときあるある

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事