携帯を見る男性

実はイラついてるかも?男性が「めんどくさい」と思う女性からのLINE4選

[記事公開日]2020.5.29

今や生活の一部となっているLINE。彼氏や気になっている男性とのLINEを楽しんでいる方も多いのでは?ただ…一歩使い方を間違えると、相手に「この女、めんどくさい!」と嫌がられる恐れも。今回は男性がイラつきやすいLINEを4つ紹介します。

(1)長文のLINE

女性は、いろいろ話したくてつい長文のLINEになりがちですよね。ですが、あまりに長すぎるLINEは相手に大きな負担をかけます。「自分も同じように長文で返さないといけないのかな…」と男性にプレッシャーを与えてしまうのです。どうしても話したいことがあるのなら、LINEではなく電話で話す方が相手にも親切ですよ♪

(2)ネガティブ系のLINE

「私って何やってもダメなんだよね…」のようなマイナスオーラぷんぷんのLINEは、相手までどんよりしてしまうのでNGです。とくに優しい男性であればあるほど、「なんて返さえばネガティブじゃなくなるんだろう…」と考えこんでしまい、重い気持ちにさせてしまいかねません。辛いときにちょっと送る程度ならいいかもしれませんが、毎回となるとあなたの印象が悪くなる一方なので、避けるようにしましょう◎

(3)今何してる?の確認LINE

相手のことが気になって、「今何してる?」としょっちゅうLINEで送っていませんか?あなたは好意のつもりで送っているかもしれませんが、相手が仕事などで忙しい人の場合は「またか…いちいち返事するのめんどくさいんだよな…」と感じてしまうかも。連絡をとりたい気持ちは分かりますが、ここは相手の立場や状況を考えて控えめにする方がベターです。

(4)絵文字を強要するLINE

相手からのLINEが淡白すぎて、「ちゃんと絵文字も入れて!スタンプも送って!」「冷たい!もっと優しく言って」と強要していませんか?LINEのメッセージにクレームをつけられた男性は、返信するのが億劫になります。男性は、女性と違って感情豊かな文章を書くのが苦手な方が多いです。LINEが淡白 = 愛情がないというワケではないので、自分の理想のLINEを押し付けるのは辞めましょう◎

男性がイラつくLINEとはおさらば!

女友達とやり取りするようなLINEを彼氏や男性に求めすぎると、相手に「めんどくさい女」のレッテルを貼られてしまいます。男性に嫌われないようにするためにも、相手に負担のないLINEを心がけるようにしましょうね♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

彼をキュンとさせる電話テク4選!思わず「会いたくなる」テクニックを紹介

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事