《BBクリーム&CCクリーム》の違いって?その差は仕上がりにアリ!

BBクリームとCCクリームの違いって知っていますか?なんとなくはわかるけど、スキンケアアイテムなのか?化粧下地なのか?ファンデなのか?ハッキリとした特徴や違い、使い方は意外と曖昧かも。BBクリームとCCクリームの魅力や違いを改めて解説♡

BBクリームとCCクリームの違いはどこ!?

BBクリームとCCクリームが並んでいる写真

ベースメイクアイテムとしてすっかり定番になった「BBクリーム」と「CCクリーム」。だけど違いがわからなくて、ピンとこない人も中に入るはず。私もその1人でしたが、違いがようやくわかったんです!

 

ズバリ、BBクリームとCCクリームの違いは仕上がりにアリ!でした。「BBクリーム」は、とにかくカバー力があって、「CCクリーム」は素肌のようなナチュラルな仕上がりになれちゃうんです。詳しい違いやそれぞれの特徴・使い方を改めておさえておきましょう♡

 

 

 

カバー力が抜群!《BBクリーム》とはどんなもの?

BBクリームを出している写真

BBクリームは「Blemish Balm」の略で、傷を補うという意味。本来はニキビ跡や手術跡をカバーするために皮膚科で処方されていたもので、やがて一般的になったと言われています。それぐらいカバー力に特化しているのがBBクリームの特徴!

 

肌の凸凹を埋めてくれたり、毛穴もなかったことにできちゃうんです。化粧下地・ファンデーション・コンシーラーなどの役割が1本でできるオールインワンアイテムだから、とってもお手軽♪しっかりカバーしてくれるので、仕上がりはマット感のある肌になります。

 

 

こんな使い方も!

多機能ファンデーションでもあるBBクリームは、日焼け止め効果があるアイテムも多いんです。基本的に「SPF50+」と「PA++++」が書いてあるものであれば日焼け止め効果はバッチリなので、顔だけでなく、きれいに見せたいボディに使ってもOK!

 

 

 

ナチュラルな仕上がり!《CCクリーム》とはどんなもの?

CCクリームを出している写真

ブランドにもよりますが、CCクリームは基本的には「Care Control」「Control color」などを省略したもので、スキンケア効果もありながら肌色補正してくれるのがメインの特徴です。肌に血色感がなく、なんだか具合が悪く見えてしまう日にこそもってこいなアイテム!

 

顔色をよく見せてくれて、厚塗り感もなく、自然な仕上がりにしてくれちゃいます。CCクリームの色はコントロールカラーもあれば、普通のファンデーションのようなベージュもあって、バリエーションが豊富なのもポイントですよ。カバー力よりも素肌感を重視したい人におすすめ。

 

 

こんな使い方も!

コントールカラーのベースとして、薄〜く下地のあとに仕込んでおくのもおすすめです。1本で下地〜ファンデーションまで仕上がるCCクリームだけど、しっかりメイクしたい派さんはそんな風にサブとして使ってみてもいいかも。

 

 

 

BBクリームとCCクリーム、塗り方は両方とも一緒!

BBクリームとCCクリームに違いはありますが、どちらもベースメイクとして使うものなので、塗り方は一緒でOKなんです。簡単3stepで仕上がるのでぜひマスターしてくださいね。多機能コスメなので、クリーム1本でベースメイクを完成させてもOKです!

 

 

①おでこ、両頬、鼻、顎の5点にクリームを置く

クリームを点置きしている写真

手の甲にだいたいパール1粒〜1.5粒ほどの量のクリームを出したら、ポンポンポンとおでこ、両頬、鼻、顎に5点置きをしてください。

 

 

②内側から外側へ伸ばす

クリームを伸ばしている写真

内側から外側に優しく擦り込むように、伸ばしていきます。満遍なく薄〜く伸ばしてあげれば肌になじみやすくなりますよ。

 

 

③仕上げにパウダーをつける

ブラシでフェイスパウダーを伸ばしている写真

仕上げにベタつきやテカリを抑えるためフェイスパウダーを重ねます。ベタつきが気にならない人や、ツヤ感を出したままにしたい人は、つけなくてもOKです。

 

 

④完成!

 

✔️BBクリーム

BBクリームの完成図

BBクリームはややマットでふんわりとした仕上がりになりました。カバー力もあるのでこれ1本で安心して使えちゃいます。コンシーラーもファンデーションもつけていないのに、クマもしっかり隠れていますよね。ただつけ心地は厚塗り感はややあります。

 

 

✔️CCクリーム

CCクリームの完成図

CCクリームは肌のくすみがなかったかのように見せてくれて、もともときれいな美肌っぽく仕上げてくれちゃいます。つけ心地もBBクリームに比べて、軽いのが嬉しいポイントです。カバー力はあまりないので、少しクマなどが残ってしまうこともあるけど、気になる人はコンシーラーを使えば解決するはずです。

 

 

ちなみに…下地とファンデーションとの併用はすべき?

もちろん下地&ファンデーションとの併用はOKです。CCクリームはナチュラルな仕上がりなので、下地&ファンデーションを重ねても厚化粧には見えないけど、BBクリームはもともとしっかりとカバー力があるので、もしかすると少し濃く見えてしまうこともあるかもしれないです。BBクリームの場合は、薄くコントロールカラーを仕込んだり、気になるところはコンシーラーを使ってみるとかでいいかもしれませんよ。

 

 

 

他の化粧品と混ぜる使い方もおすすめ

実はこの「BBクリーム」と「CCクリーム」は、他の化粧品と混ぜて使うのもありなんです。混ぜるとテクスチャーが変わって、また違った感じの仕上がりになったり、美容効果がアップしたりと自分好みに変化させられるのが◎

 

 

BBクリーム

カバー力が抜群にある「BBクリーム」には、保湿効果を補るものやテクスチャーに変化をつけられるものが相性がいいです。オイリーすぎるのはNGです。

 

✔️ニベアと混ぜる使い方

ニベアとBBクリームを混ぜた写真

ニベアを混ぜるだけで、BBクリームの少しオイリーなベタつき感を抑えられるんです。さらに保湿効果アップしてくれるので、時間が経っても潤いを感じられるし、ニベアの白いクリームが混ざって少し色が薄くなるので厚塗り感が出ないのもポイント高い!

 

 

CCクリーム

「CCクリーム」には美容成分が多く含まれるを混ぜてみるのがおすすめです。メイクをしながらも、スキンケアをしているようなクリームにレベルアップしちゃいます!

 

✔️乳液と混ぜる使い方

CCクリームと乳液を混ぜた写真

少し硬めの質感が多いCCクリームですが、乳液を混ぜるとテクスチャーが柔らかくなって格段に伸びがよくなります。そして乳液のおかげで乾燥がしにくくもなるので、化粧もちがアップのいいことづくし♡でもカバー力だけは少し落ちてしまうので、乳液の混ぜすぎには気をつけてくださいね。

 

✔️美容オイルと混ぜる使い方

CCクリームと美容オイルを混ぜた写真

CCクリームに美容オイルを混ぜると、ツヤと透明感のある美肌を演出することができちゃいます!でもオイルの入れすぎは要注意!入れすぎるとしっかり混ぜってくれなかったり、油分が多くなってベースメイク崩れの原因になりかねないので、美容オイルはほんの1〜2滴でOK。

 

 

 

あなたは「BBクリーム」と「CCクリーム」どっちがいい?

CCクリームとBBクリームの写真

カバー力の高い「BBクリーム」とナチュラル素肌感の「CCクリーム」、あなたはどっちを使いたいですか?気分で使い分けたり、シチュエーションに合わせて変えてみるのもありですよね。ぜひ両方を試してみてくださいね♡

[記事公開日]2019.8.13 [最終更新日]2019.8.17

NEW POST

ビューティーの新着記事

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ビューティーのランキング