頭に巻くだけじゃない!バンダナをフル活用するコーデテク10選

[記事公開日]2017.2.25
[最終更新日]2017.10.07

今日のコーデにもうワンアクセントほしい…なんて思うことってありますよね。その時にぜひ取り入れてほしいのが『バンダナ』。頭に巻くのが定番ですが、首や腕に巻いたりバッグに着けたりと、実は使い方が沢山あるんです♡気張りすぎないオシャレを叶えてくれるバンダナ。今回は、バンダナとスカーフの違いと一緒にオシャレなバンダナの使い方をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい♪

バンダナとスカーフとの違いって?

バンダナとスカーフの違いについて、知らない人も多いのでは?16世紀から農夫やカウボーイの間で使われていたバンダナは、吸収力のある綿素材のものが多いのが特徴なんです。それに対し、スカーフは16世紀エリザベス1世の時、首の日焼け除けとして使われていました。そのためファッション性の高いポリエスやシルクなど、サラッとしたタイプのもが多いそうです。それでは、バンダナのオシャレな使い方を見てみましょう!

ちょっと首元にプラスするだけ。オシャレコーデを叶えるバンダナの巻き方5選

首にサラッと巻くだけでこなれ感がUPするバンダナ。今回はバンダナの巻き方を5つ紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい!

バンダナを首からちょこんと出してハイネック風に使えば、メンズライクスタイルを楽しむことができます。より今っぽコーデに仕上げるなら、レースアップシューズをプラスするのがベター♡

シャツにデニムを合わせたカジュアルな着こなしですが、バンダナをチョーカー風に巻くと一気にモードチックなスタイリングにブラッシュアップされます。同系色でまとめるとどうしても野暮ったくなりがちなので、黒のベルトやバッグをプラスしたメリハリのあるスタイリングにするのがマストですね♡

モノトーンを基調としたらカジュアルスタイルに赤のバンダナをシンプルに巻いた、マリンコーデ♡ダメージやきりっぱなしデニムをチョイスすればエッジの効いた組み合わせに。丸めがねで知的な雰囲気を演出すれば、一味違うマリンスタイルが味わえますよ。

バンダナの角が見えるように巻けば、ウエスタン風のファッションスタイルが完成します。フリンジのバッグやシルバーのピアスを取り入れてムードのある着こなしを楽しんでみて。髪の毛は、ゆるめにまとめて抜け感を作るのが◎

バンダナは、巻くだけでなく襟から出してもOK!縦のラインが強調されるので着痩せ効果も叶います♡赤のバンダナは春に活躍するトレンチコートと合わせてクールに着こなすのがポイント。赤と茶系の組み合わせは秋っぽい印象になりやすいので、爽やかさを忘れないようにパンツはパキッとした白を選ぶのがマストですね。

この記事もチェック

きれいめコーデにも相性抜群!バンダナはバックの持ち手に巻くのがオススメ♡

とことんカジュアルに使っても可愛いバンダナですが、シーンを選ばず使いたいならバックの持ち手に付けるのがベターです!

カーキ×ネイビーのボーイッシュなカラーテイストですが、パンプスやパールのネックレスがコーデ全体をレディに格上げしていますね。落ち着いたカラーコーデは重たくなりがちなので、パンツはロールアップして、より春を意識したすっきりした着こなしにしてみて。バッグにバンダナを巻けば、キレイめカジュアルスタイルのバランスを整えてくれるだけでなくコーデのポイントにもなるので、ぜひ参考にしてみて下さい♡

この記事もチェック

ホワイト系のアイテムでまとめたコーデ。爽やかで清潔感のある組み合わせですが、大振りのバンダナをあえて無造作に巻いて遊び心のあるバンダナ使いをしてみましょう♪

アクセサリーとしても使えちゃうバンダナコーデ

バンダナはあえて手首や足首に巻いて、さりげなく今っぽ感を演出してみて下さい♡

モノトーンコーデに赤のバンダナがよく映えていますね。首周りに装飾されているトップスや、柄トップスの時は、手首に巻いてみましょう。すっきりとしたスタイリングをキープしつつ、こなれ感を演出する事ができます。

7分丈などのパンツを履くときは、ぜひ足首にバンダナを巻いてみて下さい。スタンダードなデニムスタイルでも洒落感のある着こなしになること間違いなし♡

リラクシーなコーデを楽しむなら、ベルト代わりにバンダナをプラスして

ベルトの代わりにバンダナをプラスしていつもと違った雰囲気を味わってみて♩

くしゃっと腰に巻いたバンダナが、エスニックな雰囲気を演出していますね。バンダナの端はあえて大胆に垂らして使うのがオススメ。オフホワイトのスニーカーやニットと組み合わせれば、コーデの雰囲気を崩さないカジュアルな着こなしが叶います♡

ボーダートップスとデニムGジャンとデニムパンツを着た女性出典: WEAR

いかがでしたか?首やバッグや手首に巻いたりと様々な組み合わせができるバンダナ。1枚持っておけば活躍すること間違いなし!?のアイテムですね。最近はカラーバリエーションが豊富なだけではなく、古着屋さんにはビンテージ感のあるタイプもあるので、1度探してみる価値はありそう♡ぜひ、自分の洋服に合うバンダナを見つけて下さい。

この記事もチェック

PICK UP

ファッションのピックアップ記事