花柄スカートを履けばいいだけ!冬のニットコーデに春オーラをプラスして

冬にたくさん着たニット。そろそろ飽きたし早く春を感じたい!と思っている人もいますよね。そんな冬ニットには、花柄スカートを合わせてあげればコーデが一気に春めきます♡寒くてもできる春っぽコーデで、季節の変わり目もおしゃれに乗り切りましょう♡

冬から春のコーデはニット×花柄スカートが欠かせない♡

https://wear.jp/yuriel/14139182/出典: WEAR

どっしり重ための冬コーデから、軽やかであたたかな春のムードにチェンジしたい!春が近づくにつれてその思いが強まりますよね。まだ手離せない冬ニットには、花柄スカートをプラスすればほんのり春の雰囲気をもたらしてくれる♡寒さが残る季節の変わり目でも、この着こなしを味方につけて乗り切って。

 

 

 

淡色ワントーンカラーで一気に春っぽく♡

ふんわりと優しげな印象の淡色を取り入れたワントーンスタイルは、今から取り入れておきたい注目のスタイリング。泡色ニットに合わせる花柄は、スイートな小花柄を選ぶことでよりまとまりのある仕上がりになります。

 

https://wear.jp/sizu0618/11869548/出典: WEAR

ドロップショルダーのラフなニットにはあえてロマンティックなスカートを。薄いチュールの奥からうっすらと透ける花柄がニュアンスをプラスしてくれます。足元までトーンを統一して、透明感のあるスタイルに♡

 

https://wear.jp/mamitas0825/13982680/出典: WEAR

ヴィンテージライクな小花柄スカートに、シンプルな白ニットを合わせてベージュっぽコーデにすれば旬な装いの完成です。足元にピンクのスニーカーをプラスしてかわいげを後押し!

 

 

 

定番も同じ色でまとめれば完成度が上がる

ニット×花柄スカートとありきたりな組み合わせでも、上下を同じ色で揃えれば一気にモードな雰囲気へとギアチェンジしてくれます。ギュッと色を濃縮したような濃い色を選ぶことで、落ち着いた大人っぽさを演出できるんです。

 

https://wear.jp/ayap0212/13023092/出典: WEAR

ブラックで統一するときは、アイテムに透け感を加えてあげると春らしさが出ます。薄い素材のスカートに、ローゲージニット、レイヤードしたレギンスはスリット入りを選んで抜け感を与えてあげて。

 

https://wear.jp/sanki0102/13836500/出典: WEAR

情熱的な赤色はトーンが少しでも違うとイマイチな印象になってしまいます。限りなく同じ赤色を合わせることで、まるでセットアップのようなドレッシーさ!デニムともレザーアイテムとも高相性なので、小物合わせに困ることもありません。

 

 

 

ぴたっとリブニット×フレア少なめスカートがレディに仕上がる!

身体のラインを強調してくれるリブニットを着こなせれば怖いものなし。ふんわり感の少ない素材orシルエットの花柄スカートと合わせることで、レディな装いにムードがプラスされます。落ち着き感が欲しいなら、見逃せないコーディネートですよ。

 

https://wear.jp/lagunamoon_ayaka/13469564/出典: WEAR

大きめの花柄はインパクトが強くてチャレンジしにくい印象ですが、ワントーンコーデにしてしまえばそんなお悩みは一瞬で解決できます。リブニットを一枚で着るのが恥ずかしければ、ビスチェやキャミソールをプラスして。スカートも、Iラインシルエットにスリットが入ることで抜け感が出ますよ。

 

https://wear.jp/tiensecoute/14117019/出典: WEAR

爽やかなカラーのコーディネートはスポーティーになりすぎないようにシルエットで女性らしさを加えてあげるべし!ハイネックのリブニットにAラインのスカートで、スニーカーでも甘さの残る組み合わせに。

 

http://zozo.jp/shop/doudou/goods/37627468/?did=63992697

出典: ZOZOTOWN

ぎゅっと花柄が敷き詰められた華やかな花柄スカートは、べーシックなベージュのアイテムと合わせたワントーンコーデに。お花が多めに散りばめられたスカートであれば、それだけを主役にした装いが一番おしゃれに見えます。ボートネック×タイトシルエットなら、大人の女性らしさをアピールできますよ。

 

 

 

首元すっきりVネックニットでほぼ春コーデ

デコルテが見えるVネックニットは、それだけで春っぽいアイテム。そこに花柄スカートを取り入れればほとんど春!なコーディネートの完成。首元に寒さを感じるときは、カットソーをレイヤードするなど、工夫次第で冬にも取り入れられます。

 

https://wear.jp/19690129tj/13251337/出典: WEAR

鮮やかなグリーンがすでに春めいたムードを漂わせているニットには、色とりどりの草花が描かれたスカートがお似合い。スカートに入っている色をニットに持ってくるだけで自然とまとまりを感じられます。デコルテと足首が見えていることでより軽快な印象。

 

https://wear.jp/mamitas0825/14155156/出典: WEAR

異なる大きさの花柄がリズム感のあるスカートにはくすんだトーンのカラーニットをチョイス。くすみカラーのように、控えめながらも存在感のある色を選べば退屈知らずの装いに。

 

https://wear.jp/aokimio/11786840/出典: WEAR

ほわっとしたVネックニットの下にプリントTをレイヤードしておしゃれに防寒対策。ビタミンカラーのスカートも、モノトーンアイテムで挟めばリラックスしたムードで着こなせます。

 

 

 

OUTスタイルがゆるくて大人な雰囲気かも

コーデのニュアンスを左右するウエスト。ここ最近はトップスを入れずにOUTした着こなしが定番です。花柄スカートと合わせるときは、だらしなくならないようにシックな雰囲気のスカートを選んでみて。

 

https://wear.jp/panana/14108902/出典: WEAR

キャメルの野暮ったさにストップをかけてくれるブラックのスカートは、個性的な花柄のものを選んでこなれ感をUPさせて。ルーズなスタイリングの抜け感は小物で取り入れるのが近道!ホワイトのバッグがコーデに空白を作ってくれますよ。

 

https://wear.jp/chanm88/14106059/出典: WEAR

グレー×ブラックと暗く見えがちな組み合わせにもホワイトが大活躍!ニットにレイヤードしてトップスの丈感を調整しながら、こなれ見えに繋げてくれています。

 

https://wear.jp/momiko333/13897444/出典: WEAR

ショート丈のニットはウエストOUTしやすいオススメアイテム。丈感を気にする必要もなく、自然にリラックスした雰囲気を取り込めるので一枚あると重宝します。グリーンのスカートを主役にするなら、足元はブラックでつなげるのがベター!

 

 

 

花柄スカートでほんのり春を感じましょ

ベージュニットに花柄スカートコーデの女性出典: WEAR

冬のニットも、花柄スカートの魔法で一気に春っぽコーデに変わっちゃうんです。春を待ちわびるなら花柄スカートを履きながら♡

[記事公開日]2019.2.23 [最終更新日]2019.2.26

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS