地球にも人にも優しい♡いま注目されてるエシカルファッションって?

いま何かと話題のエシカルファッションとは?「良識あるおしゃれ」や「環境や生産者に配慮したファッション」とは聞いたことがあるけれど、具体的にはどんなファッションなんだろう?そんな気になるエシカルファッションについて、まるっと解説しちゃいます♡

最近よく聞くエシカルファッションとは?

オーガニックコットンのタンクトップにアイボリーのニットスカートを合わせて、カーキのリネンシャツを羽織った女性

出典: WEAR

最近何かと耳にするエシカルファッション。でも、その内容までは理解していないのが本当のところ…。環境にも人にも優しいファッションとはよく聞くけれど、具体的にはどんなファッションのこと?それに、エシカルファッションを扱っているのはどんなブランド?そんなみんなの疑問を、今回はスッキリ解決しちゃいます。

 

 

 

エシカルファッション=「良識あるファッション」

エシカルファッションとは、直訳すると「良識あるファッション」。でも、これだけじゃ曖昧ですよね。そこで、エシカルファッションについてもう少し詳しくチェックしていきましょう!

 

 

そもそもエシカルって?

白Tとデニムにbeautiful peopleのエコバッグを持った女性

出典: WEAR

そもそもエシカル(Ethical)という英単語は、「道徳、倫理上の」という意味。つまりエシカルファッションとは、良識にかなって生産・流通されているファッションのこと。具体的には、環境問題や社会問題などに配慮したうえで素材の選定および購入を行い、生産や販売をしていくファッションということなんです。

 

 

環境に優しいファッション

天然素材と再生素材をかけあわせたベージュのワンピースを着た女性

出典: WEAR

このベージュのワンピースには、木くずなどのパルプから生産されるビスコースが使われています。ビスコースは合成繊維ですが、植物由来なので燃やしても有害物質をほとんど出さず、微生物による分解が可能で環境に優しいんです。

 

このように、環境に配慮した天然素材やリサイクル繊維などを使うことも、エシカルファッションと言えますよ。また、コットンのような天然素材でも、効率を上げるために農薬を大量に使われたものより、環境保全を重視して化学肥料や農薬を使わずに育てられたものの方がよりエシカルです。

 

 

生産者のことも考えて

デニムの着画とWho made my clothes?の文字

出典: WEAR

労働者にかかるコストを抑えて安価な製品を大量生産するファストファッションを疑問視し、労働者の権利を守る一面もエシカルファッションは持っています。そもそもエシカルファッションが広まったきっかけは、2013年にバングラデシュで起きた「ラナ・プラザ崩落事故」だとされています。

 

これは現地の人々が低賃金で労働を強いられていた縫製工場において、建築の不備が指摘されていたにもかかわらず強引に操業を続けた結果、建物が崩落して1100人を超える犠牲者を出したファッション史上最悪の惨事でした。こういった労働問題を打開すべく、生産者の賃金や適切な労働環境の確保を優先するのもエシカルファッションの一環なんですよ。

 

 

 

エシカルファッションがもっと分かるキーワード

エシカルファッションについて調べていくと、ちょくちょく目にするのがオーガニックコットンフェアトレード、そしてサステナビリティという単語。いずれも、エシカルファッションとはとっても縁が深いキーワードなんです。

 

 

オーガニックコットン

オーガニックコットン

出典: WEAR

エシカルファッションを語る上ではずせないのがオーガニックコットンです。本来オーガニックとは化学肥料や農薬を使わない作物のこと。化学肥料や農薬の厳格な基準を守って育てられ、化学薬品の使用を最小限に抑えて生産されたオーガニックコットンは、見た目は一般的なコットンと変わらなくても、環境と人体に与える影響が大きく異なります。

 

地球を化学物質で汚染せず、なおかつ労働者の農薬被害も防げるオーガニックコットンは、まさにエシカルな素材と言えますよ。

 

 

フェアトレード

フェアトレードで作られたイエローのコードブレスを付けた女性

出典: ZOZOTOWN

公正な取引を意味するフェアトレードも、エシカルファッションの重要キーワード。途上国で生産された原料や製品を適正な価格で継続的に取引し、生産者の生活水準の改善や経済的自立を支える仕組みです。フェアトレードの商品を購入することが途上国の人たちの生活向上や安定した収入につながるので、ショッピングを通じてわたしたち消費者も社会貢献できるのが嬉しいですね。

 

 

サステナビリティ

パタゴニアのTシャツを着た女性と少女

出典: WEAR

「持続可能性」という意味のサステナビリティ。エシカルファッションとの関連では、環境を破壊せず未来の世代へ引き継ぐこと、そして生産に携わる労働者が一方的に搾取されず公平な雇用形態を継続することなどを意味します。

 

また、トレンドに踊らされて1シーズンも着られないような服を買い、すぐにゴミとして捨ててしまう消費活動はサステナビリティとは言えません。1着の服を買うときも、「どのくらい長く着る?」「もし着なくなったときは、寄付やリサイクルできる?」と将来のことを考えるのが、サステナビリティなファッションを実現するポイントです。

 

 

 

エシカルファッションブランドをご紹介!

エシカルファッションについてひと通り確認してきたところで、「どんなブランドがエシカルファッションを取り扱っているのかな?」と気になる人も出てきたはず。国内外を問わず、エシカルファッションを推奨するブランドは意外に多いんです。ほっこりしすぎず、おしゃれなデザインのものが豊富だから、ぜひチェックしてみてくださいね♡

 

 

CASA FLINE

カーサフラインのカーキのワンピースを着た女性

出典: WEAR

地球や人に優しい​ライフスタイルセレクトショップとして、2018年春にデビューしたばかりのCASA FLINE(カーサフライン)。都会の感度を持ったサステナブル(持続可能な)ライフを提案するというコンセプトのもと、天然素材やエコ化学製品など、環境負荷が少ない素材を積極的に取り入れたり、在庫商品はリメイクして再販するなどの取り組みを行っています。

 

 

People Tree

ピープルツリーのプルオーバーを着た女性

出典: ZOZOTOWN

People Tree(ピープルツリー)は、オーガニックコットンなどを使った衣料品やアクセサリー、食品、雑貨などを企画開発・販売するフェアトレード専門ブランド。日本におけるエシカルファッションのパイオニア的存在であり、全国に取扱店があるので商品を手に取りやすいのも魅力のひとつですよ。

 

 

STELLA McCARTNEY

ステラマッカートニーのバッグ

出典: ZOZOTOWN

ファラベラで有名なSTELLA McCARTNEY(ステラマッカートニー)もエシカルファッションブランド。デザイナーのステラ・マッカートニーは厳格なベジタリアンであり、ファーやレザーを使用しない「クルーエルティフリー(動物を犠牲にしない)」を実現。他にもオーガニックコットンをできるだけ取り入れるなど、環境に配慮した製品が多いんです。

 

 

patagonia

パタゴニアの白いロゴTに黒のタイトスカートを合わせた女性

出典: WEAR

patagonia(パタゴニア)は、アメリカのアウトドアブランド。コットン製品にオーガニックコットンを使い、廃棄物を減らすリサイクル製品も展開。また「BETTER THAN NEW(新品よりもずっといい)」というキャッチフレーズのもと、自社製品の修理サービスなども行っています。

 

 

かぐれ

モカブラウンのカットワンピにデニムを合わせて、かぐれの白のラミーギャザーワンピースを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

かぐれは日本初のオーガニックファッションブランド。オーガニックコットンやシルクといった天然素材の服や、手仕事から生まれる生活雑貨、植物由来のコスメなどを販売。 「トラッドとモードと、地球」をコンセプトに、ファッションと地球の新たな共生の形を提案しています。

 

 

TÉGÊ UNITED ARROWS

テゲユナイテッドアローズの巾着バッグ

出典: WEAR

TÉGÊ UNITED ARROWS(テゲ ユナイテッドアローズ)は、ファッションを通じた経済的な自立を目標とする国連機関プロジェクトEFI(The Ethical Fashion Initiative)とUNITED ARROWSのコラボレーションレーベル。カラフルな織物やビーズワークなど、ひとつひとつがアフリカの職人たちによる手仕事で作られています。

 

 

SOKO

SOKOのゴールドのピアス

出典: ZOZOTOWN

SOKO(ソコ)はケニア発のアクセサリーブランド。真鍮や動物の角、骨、アルミニウムなど再生可能でナチュラルな素材を用いつつ、アフリカンテイストとモードが融合したスタイリッシュなアクセサリーを生産しています。

 

 

 

地球にも人にも優しいファッションについて考えてみない?

出典: WEAR

地球にも人にも優しいエシカルファッション。今すぐすべてを変えることは難しくても、できることから少しずつ取り入れてみませんか?

[記事公開日]2019.5.12 [最終更新日]2019.5.16

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS