マンネリしたら試したい!ワントーンコーデ+差し色が新鮮です♡

この春も人気継続中のワントーンコーデ。でも、何だかマンネリを感じているのもまた事実。そんなときは、差し色を小物などでプラスしてみて!ほんの少しきれい色をピリッと効かせるだけで、いつものワントーンコーデも簡単にリフレッシュできちゃうんです♡

差し色を足して春のワントーンコーデをリフレッシュ♪

白Tに白のリブパンツを合わせて、白のデニムジャケットを羽織り、ブルーのスニーカーを差し色にした女性

出典: WEAR

色の明るさや強さなど、色調の近いカラーのアイテムを組み合わせてつくるワントーンコーデは、2019春も大人気。ベーシックなアイテムだけでも、シックでおしゃれな雰囲気を醸し出せるのがたまりません。でも…この頃ちょっぴりマンネリ気味?それならどこか一か所に、差し色をプラスしてみませんか。それだけでワントーンコーデが新鮮に見違えちゃうんですよ。

 

 

 

ワントーンコーデにドラマティックな赤をひとさじ

差し色といえば、やっぱりレッドカラー!何だか難易度が高そうなイメージがありますが、差し色として少量をコーデに効かせるくらいなら、逆に挑戦しやすいんです。ほんのひとさじの赤を差して、いつものワントーンコーデをリフレッシュしちゃいましょう♪

 

白のスウェットに白のタイトスカートを合わせて、赤のコンバースを差し色にした女性出典: WEAR

定番アイテムのコンバースだって、ビビッドなレッドを選べば何だか新鮮♡クリーンなホワイトのスウェットにタイトスカートを合わせた、カラーもトーンもそろえた着こなしの印象的なアクセントになってくれますね。

 

白とブラウンのボーダートップスにベージュのパンツを合わせて、赤のバレエシューズを差し色にした女性出典: WEAR

同じ赤いシューズでも、バレエシューズならまた違った雰囲気に。ブラウン×ホワイトのボーダートップスとベージュのハイウエストパンツの足元にピリッと効かせれば、フレンチシックなマリンコーデにシフトできちゃいます。

 

ベージュのセットアップに赤のインナーを差し色にした女性出典: WEAR

色合いがそろったセットアップは、着るだけでワントーンコーデを組みやすい優秀アイテム。インナーには無難な白を選びがちだからこそ、ときには赤のワンショルダートップスを仕込んでドラマティックな着こなしを楽しんでみるのはいかが?

 

 

 

寒色をプラスして春らしく爽やかに

ブルーやグリーンといった寒色系のカラーも、ぜひ差し色としてワントーンコーデにプラスしてみて。清涼感のあるクールな色合いだからカジュアル好きさんも取り入れやすいし、春らしい爽やかな彩りを着こなしに加えることができるしと、まさにいいことづくめなんです。

 

黒いビッグTシャツに黒のパンツを合わせて、ブルーのスニーカーを差し色にした女性

出典: WEAR

だぼっとルーズなビッグTに、タイトな黒スキニーをプラス。さり気ないスリットがこなれ感を上乗せしてくれる足元には、ブルーのコンバースがちょうどいい感じ♡ハンサムな印象をキープしたまま、重たく見えがちなオールブラックコーデを軽やかに仕上げてくれますよ。

 

白Tにベージュのパンツを合わせて、グリーンのクリアバッグを差し色にした女性

出典: WEAR

バッグを使ってワントーンコーデに差し色を足すのもGOOD!ホワイトとベージュでまとめた明るいトーンの着こなしを、ポップなキャンディカラーがキュートなPVC素材のバッグでより爽やかに仕上げちゃいましょう♪

 

白のスリット入りワンピースにグリーンのプリーツスカートをレイヤードした女性

出典: WEAR

1枚でコーデが完成するワンピースは必然的にワントーンになりやすいですが、ボトムスを重ねて差し色にしてもおもしろいかも。たとえばTワンピのスリットから、ビビッドグリーンのプリーツスカートをのぞかせてみるのはどう?小物のトーンもそろえているからこそ、鮮やかなグリーンがひときわ映えますよ。

 

 

 

ピンク&パープルでコーデにニュアンスを添えて

2019春も人気のピンクやパープルを、ワントーンコーデに取り入れてみませんか?女っぽさ満点のカラーでも差し色として使えば甘くなりすぎず、コーデに繊細なニュアンスを添えることができちゃうのが嬉しいですね。

 

白のロゴトップスと白のフレアスカートに、パステルピンクのスプリングアウターを羽織った女性

出典: WEAR

カレッジロゴTとデニムスカートのカジュアルコーデを、リッチ感あふれるホワイトでまとめて大人っぽさをキープ。桜のようなパステルピンクのドレープコートをふわりとまとって差し色にしても、甘すぎず爽やかに仕上がります。

 

淡いパープルのフーディーに白Tを仕込んでベージュのニットパンツを合わせて、濃いめのパープルのバッグを差し色にした女性出典: WEAR

淡いラベンダーカラーのフーディとライトベージュのリブニットパンツを、ホワイトのインナーでつないだリラックス感満点のワントーンコーデ。同じパープルでもパキッと濃いめのカラーなら、差し色として効果的なアクセントになってくれますね。

 

黒のトップスに黒のタイトスカートを合わせてグレーがかったカーキのシャツをレイヤードし、パープルのピアスを差し色にした女性

出典: WEAR

とろみシャツにタイトスカートを合わせたほんのり女っぽい着こなしは、グレイッシュなカーキとブラックのダークトーンでまとめて甘さをセーブ。耳元にパープルの大ぶりピアスをあしらって、ミステリアスな横顔を印象づけて。

 

 

 

HAPPY感あふれるイエロー・オレンジカラーも◎

春を明るく彩る花々のような、HAPPY感あふれるイエローやオレンジも差し色使いしちゃいましょう。パッと目を引く華やかな色合いだけれど、意外にどんなカラーとも合わせやすく、1アイテムあればこの春大活躍してくれること間違いナシですよ。

 

白とブルーのストライプシャツに白のデニムスカートを合わせて、イエローのバッグを差し色にした女性

出典: WEAR

ストライプ柄のスキッパーブラウスとホワイトのフレアスカートを使った着こなしのアクセントに、イエローのキャンバストートをオン。白を基調とした淡いトーンをキュッと引き締めつつ、コーデをよりフレッシュに魅せてくれますね。

 

チャコールグレーのワンピースにレギンスをレイヤードしてデニムジャケットを羽織ったワントーンコーデに、イエローのパンプスを差し色にした女性

出典: WEAR

パッと目を引くイエローは、ダークトーンでまとめたワントーンコーデに効かせても◎。チャコールグレーのスウェットワンピ×レギンスの足元にライトイエローのパンプスを添えれば、暗く沈みがちな着こなしが一気に春っぽく華やぎますよ。

 

ベージュのTシャツにベージュのパンツを合わせて、オレンジのカーディガンを差し色にした女性

出典: WEAR

ワッフルTシャツにリネン混のワイドパンツを合わせたリラクシーなベージュのワントーンコーデに、オレンジのカーディガンをさらりと羽織ってキュートなエッセンスをプラス。普段なかなかオレンジ色のアイテムを手に取ることはないかもしれませんが、2019春のキーカラーであるベージュとは相性抜群なんです♡

 

 

 

今日は何色をワントーンコーデに足してみる?

ワントーンコーデにピンクバッグの女性出典: WEAR

人気継続中だからこそ、ちょっぴりマンネリも感じてきたワントーンコーデ。「何だか新鮮味が足りないなあ…」と思ったら、ぜひきれい色を差してワントーンコーデをリフレッシュしてみてくださいね。

[記事公開日]2019.4.11 [最終更新日]2019.4.16

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS