おしゃれに楽しく続けましょう♡今すぐ実践できるエコな節約アイデア

節約というとどうしても、「我慢」や「つらい」といったマイナスイメージが浮かびがちですが、実は楽しくて、かつおしゃれに続けられるものもあるって知っていましたか?しかもここで紹介する方法は、エコにも繋がるアイデアばかり。お金を節約しながら、地球にちょっぴりいいことも実践することができるんです♡

節約=我慢と思ってない?

みなさんは節約に対して、どんなイメージを持っていますか?きっと、「我慢することが増える」「つらいことばっかり」なんてマイナスなものが多いのかなと思うのですが、実は毎日ハッピーに続けられるアイデアもたくさんあるんです!

しかも、ここで紹介する方法は、直接エコに繋がる素敵なものばかり♡ 早速試せるアイデアをまとめてみたので、できそうなものから真似してみてください。

 

 

 

①毎日のドリンクはお気に入りのマイボトルorタンブラーに入れて

職場や外出先での水分補給に欠かせないドリンク。「コンビニや自販機で購入している」という人がほとんどだと思うのですが、これだとエコじゃないし地味に出費もかさみますよね?

「洗練されたデザインと性能の高さが魅力のアメリカ フロリダ生まれのステンレスボトル」CORKCICLE(コークシクル) キャンティーン ホワイト 270ml 3,024円(税込)

 

もったいないので、これはペットボトル→マイボトルにチェンジ。せっかくなら長く使えて、かつ「常に持ち歩きたい」と思うお気に入りのデザインを選びましょう。

 

用意するのはマイボトルとスーパーで気軽に買えるティーバッグのみでOK。どれくらいの節約になるのか、確認してみると…?

 

《ペットボトルの緑茶》
1本(500ml)あたり150円×31日=4,650円


《テーバッグの緑茶》
1パック(250ml)あたり約5円×1日2パック×31日=310円


《初期投資(マイボトル購入代)》
2,500円〜3,000円前後

 

なんと1ヶ月で比べてもこれだけの差があるんです!マイボトルは大体2,500円〜3,000円前後なので初期投資はかかりますが、それでも1ヶ月続ければ十分元が取れますよね。ティーバッグは種類によって価格が変わりますが、そのスーパーのオリジナル商品であれば1パック5円ほどの価格帯で販売しているので、節約したい女性にとってはかなりありがたい金額です。

 

 

 

②スーパーにはお気に入りのショッピングバッグを持参

地味ですが、これもエコ&節約の為に実践してほしいアイデア。そう、毎日スーパーに行く時に必ず、ショピングバッグを持参するんです。特に「毎日スーパーに寄ります」という人は絶対に!

最近のスーパーは袋も有料化が進んでいて、大体1枚2円ほど。「2円のために…!」と思うかもしれませんが、これもちりつもで長期的に見ると節約に繋がるんです。

 

《有料レジ袋》
1枚2円×31日=62円


《初期投資(ショッピングバッグ購入代)》
800円〜1,200円

 

これだけ見ると、やっぱり損な感じもしますよね?でも、ショッピングバッグは大体買えば1年以上〜3年ほどは使用することができて、レジ袋と比べて丈夫なので1枚で事足りることが多いんです。実際にショッピングバッグを1年使えば十分元は取れますし、不必要なものにお金を払っている感もなくなります。

 

大型スーパーでは、レジ袋不要の際に2ポイントもらえる「エコポイント制度」を導入しているところも多いんですよ。それをそのまま買い物に使えちゃうので、早いうちにショッピングバッグに切り替えるのが吉なんです!

 

 

③シャンプーやハンドソープは詰め替え用を買っておしゃれなボトルにイン

毎日欠かさず使う、シャンプーやボディソープ、ボディソープにハンドソープ…。ちゃんと面倒くさがらずに、詰め替え用を購入していますか?

《本体1本と詰め替え1本あたりの差額》
およそ100円


《初期投資(詰め替えボトル代)》
100円

 

本体と詰め替え用だと100円近く価格が違い、1ヶ月に1回購入しているという人であれば、1年で1,200円も節約することができるんです!中には、「詰め替えより本体の方がおトク」という声もあるのですが、Amazonなどで販売している大容量タイプの詰め替えであれば確実にボトルよりおトク。買い換える度に本体を捨てる手間も省けますし、お気に入りの詰め替えボトルであれば空間作りもバッチリです。

 

 

 

④生活に必要なものは自分で手作り

「もっともっと節約したい!」という人は、生活に必要なものでできるだけ手作りしましょう!お家にあるあんなものやこんなものも、実は自分で作ることができちゃうんです。ここでは、見た目もよしの2つのアイテムの作り方を紹介しますよ。

 

 

「コーヒーの残りかす」で作る消臭剤

まずは、淹れた後のコーヒーの残りかすで作る消臭剤の作り方。というのも…コーヒーには他のニオイを吸収しやすい性質があります。保存のときは他の食品の近くに置かないよう注意が必要なのですが、淹れ終わったら逆にその性質を活かして、消臭剤として活用することができちゃうんです。

しかも作り方もとっても簡単。コーヒーを淹れ終わって不要になったカスを、陽の当たる場所で乾燥させます。大体1日〜2日ほど。完全に乾燥させることで、消臭剤として長く使用することができるんです。

 

乾燥したら、あとは余った瓶などに詰め替えるだけでOK。

 

この消臭剤はトイレや玄関、冷蔵庫、キッチンコーナーの生ゴミなど、あらゆる場所に使うことができます。特にアルカリ性のアンモニア臭に対して、コーヒーかすは酸性の性質を持っているので、トイレに置くのが一番効果的なのだとか。

 

《市販の消臭剤》
およそ300円


《手作りの消臭剤》
余っている瓶がある場合は0円

 

トイレの消臭剤は元々、見えないような場所に置いている人が多いと思うので、手作りで十分な気もしますよね。ちなみに、効果が半減しないためにも、2〜3日に1回中身を入れ替えるのがおすすめです。

 

 

「コーヒーフィルター」で作るペーパー加湿器

つぎはコーヒーフィルターで作る加湿器の作り方をご紹介。不器用さんでもできるくらい簡単なので、ぜひ作り方を覚えてくださいね。

まずはコーヒーフィルターの端のくっついている部分をハサミで切り落とします。大体3〜4枚ほど使うので、この時点で全てカットしておきましょう。

 

切り終わったら山折り・谷折りを繰り返し、じゃばら状にしますよ。これも使用するコーヒーフィルター全てに行います。

 

あとは水を1cmほど入れたマグカップなどの容器に、先ほど折ったコーヒーフィルターを入れるだけ。このように重ねて入れることで、お花のような形に見せることができます。

 

《市販の加湿器》
小さいもので2,500円前後+電気代およそ40円(種類によって1,000円を超えるものもあります)


《手作りのペーパー加湿器》
材料がある場合は0円

 

もちろん市販のものに比べると湿度は劣りますが、簡単に作れるのであれば試してみるのもアリですよね。工夫次第でかわいく仕上げることができるので、ぜひトライしてみてください。

 

 

 

⑤フリマアプリで掘り出し物をゲット

また、服を買う場合は、フリマアプリを上手に活用するのもひとつの手。「売ったことしかない」という人も多そうですが、実は人気ブランドの古着が低価格で売られていたり、掘り出し物があったりと、思っている以上に使えるんです!

《フリマアプリの相場》
購入額の5割〜8割がほとんど。中には、それ以上に安くなっているものもアリ。

 

実はおしゃれさんも賢く活用しているんですよ。気になる人は試しに一度、お気に入りのブランドを検索してみてくださいね。

 

 

 

コツコツやって節約上手に!5つのアイデアを試してみて

「節約=つらいもの」と思わずに、できそうなものからトライしてみてくださいね。

[記事公開日]2019.2.26 [最終更新日]2019.3.02

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  NEWS  

lamireからのお知らせ