手っ取り早い!冬コーデのぶくぶく防止は”縦線アイテム”に頼ればOK

寒さから逃れたくて、たくさん着込んでしまいがちな冬コーデ。寒いのは嫌だけど、デブ見えするのはもっと嫌じゃないですか?そんな残念な着こなしにならないために、”ぶくぶく防止対策”をしなきゃ。一番手っ取り早い方法は、ずばり"縦線アイテム"に頼ること!

冬コーデは”縦線アイテム”でぶくぶくを防止せよ

白のケーブルニットコーデ出典: WEAR

冬コーデのぶくぶく問題、実は簡単に解決できちゃうんです。答えは、縦線の入っているアイテムを取り入れるだけ。今回はそんな縦線を連想させるアイテムを使ったコーディネートを、たっぷり紹介していきます。

 

 

 

《リブトップス》で上半身すっきり見せ

トップスはリブを選んで、上半身をすっきりと見せちゃいましょう。ポイントはジャストサイズのアイテムをチョイスしてあげること。ダボダボを着てしまうとせっかく縦線が入っていても、あまり意味がなくなってしまいます。

 

黒のリブトップス出典: WEAR

メンズライクな淡いデニムパンツは、黒のハイネックニットで着こなせば、ほんのり女性らしさが生まれる。巾着バッグやニット帽でこなれた雰囲気を演出してあげれば、さらにおしゃれ度がアップしたコーディネートに仕上がります。

 

紫のリブニーートコーデ出典: ZOZOTOWN

パープルのリブトップスは、カラーだけでグッと雰囲気がでる1着ですよね。よく見るとリブがランダムに入っているので、他にはない立体感が楽しめちゃうかも。カーキのパンツと合わせて、大人っぽいスタイルで着こなすのがおすすめです。

 

マカフィーのニットコーデ出典: ZOZOTOWN

絶妙なブルーのくすみカラーが印象的なこのトップスは、ネイビーのタイトスカートにINしてすっきり着こなしてみて。アウターを脱いでもかわいいバックスタイルがポイント高いですよね!足元はブルーとは反対色になるオレンジのシューズをチョイスすれば、自然とバランスが整うコーデに。

 

 

 

《プリーツスカート》で軽やかに

今年トレンドにもなっているプリーツスカートも縦線アイテム!細かく入ったプリーツがコーデを軽やかに見せてくれること間違いなし。

 

黒のプリーツスカート出典: ZOZOTOWN

ボリューム感があるケーブルニットには、黒のプリーツスカート合わせてコーディネートしてみて。ニット生地のプリーツスカートなら、重さがあるので広がらずにすっきりと着こなせること間違いなしですよ!ヘアスタイルもアップならさらにシュッとして見えちゃう。

 

柄プリーツスカートコーデ出典: WEAR

体が大きく見えてしまうことが多いベージュのダウンは、プリーツスカートで軽やかに着こなしてみて。柄入りのアイテムなら、膨張するのを防いでメリハリをつけてくれます。足元はスニーカーでシンプルにコーデしてあげるのが好印象。

 

グレートーンのコーデ出典: WEAR

淡いトーンのハイセンスなコーディネート。これがノーマルなスカートだったら立体感もなく、かなりデブ見えしちゃいそうですよね。上からしっかりプリーツ加工がされているスカートを合わせるのが鉄則!前だけインしたルーズな着こなしでもぶくぶく見えない◎

 

 

 

《コーデュロイパンツ》ならダボっとしててもデブ見えしない

コーデュロイパンツならしっかり立体感を作ってくれるので、太めシルエットを選んでも問題なし!一瞬で季節感&デブ見えしないコーディネートが手に入っちゃいますよ。

 

ブラウンのコーデュロイパンツ出典: ZOZOTOWN

オーバーサイズの白のパーカー×ブラウンのコーデュロイパンツは、メンズライクなアイテム同士なのに色味だけで女性らしさが演出できています。パンツのシルエットはワイドだけど、ストレートなのがきれい見えするポイント。パンツに合わせて靴もこっくりとしたブラウンで合わせれば、かなりハイクオリティーな仕上がりに。

 

グレーのコーデュロイパンツコーデ出典: ZOZOTOWN

センターにボタンがついたグレーのコーデュロイパンツは白のトップスと合わせて、明るく着こなしてみてください。グレーのパンツも素材がコーデュロイなら、だらしなく見えないので◎アウターは思い切ってブルーのロングコートを合わせてみるのがおすすめです。

 

黒のコーデュロイパンツ出典: WEAR

黒のハイネックニット×黒のコーデュロイパンツの黒黒コーデ。しっかりインして着こなせば大人っぽさが引き立つコーディネートに仕上がります。ベルトを締めたらメリハリがつく。コーデに合わせてバッグや靴も黒で統一するのが、手っ取り早いおしゃれ見えの秘訣かも。

 

 

 

《リブレギンス》は1着持っておきたいかも

何かと役に立つリブレギンス。トレンド感だけでなく、ぶくぶく防止にももってこいなアイテムだったんですよ!ベーシックカラーは全部GETしたくなるほど、重宝できる。

 

グレーのリブレギンス出典: WEAR

ベージュのシャツワンピースのインナーに、グレーのリブレギンスを仕込んだコーディネート。タイツよりも抜け感が出るので、軽やかなのにグッと雰囲気が漂うコーディネートになります。このコーデにアウターを着るなら、ダッフルコートなどの特徴がついたアイテムを選ぶとシンプルすぎるのを回避できそう。

 

白のリブレギンスコーデ出典: WEAR

ミニワンピになってしまいそうなくらい大きすぎる白のケーブルニットは、同じく白のレギンスでセットアップ風にコーディネートしてみてください。ニットのダボ感をレギンスがしっかり引き締めてくれていますね。アイテムの色が揃うだけで、とってもハイセンスっぽく仕上がっちゃう。

 

 

 

着膨れ防止には”縦線アイテム”が使えます

白ニットにプリーツスカートコーデの女性出典: ZOZOTOWN

縦線アイテムを1着取り入れるだけで、冬のぶくぶく見えを防御してくれちゃうんです。これは今すぐに取り入れるべき!ぜひ参考にして、試してみてくださいね。

[記事公開日]2018.12.27

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  NEWS  

lamireからのお知らせ