毎日着てもバレないかも。同じニットでも雰囲気がグッと変わる小技集

ニットは冬に欠かせない存在だけれど、だからといって何枚も持ってるわけじゃない。ということはそろそろニットのマンネリ化が進んでいるんじゃないですか?気付いたら同じコーデで正直飽きちゃった…そんな人のために4つの着こなしアイデアをご紹介!

毎日着てもバレないかも!冬ニットの着こなしアイデア

https://wear.jp/lily02tbt/13656367/出典: WEAR

冬はほぼ毎日ニットコーデ!という人でも、着回しているうちにだんだんとマンネリしがちではありませんか?そんな現象を防ぐべく、今回は持っている率が高いであろう白ニットを例にあげて、同じニットでも雰囲気をグッと変えられる着こなしアイデアをこっそり教えちゃいます。

 

 

 

カットソー&シャツのチラ見せでこなれ度が変わる!

おしゃれな人の多くが実践しているのがインナーをチラ見せさせるというテクニック。シャツやカットソーがあればできる手軽さも魅力的です。白ニットに白インナーもおしゃれだし、暗めカラーのニットに白インナーを仕込めば抜け感にも繋がりますよ。

 

https://wear.jp/maistyle/13761734/出典: WEAR

クルーネックニットに合わせてカットソーを重ね着すればさりげなく奥行きが出ますよ。袖からもチラッと見せることで抜け感も取り入れることができるんです!インナーの色によって雰囲気がだいぶ変わるので、お気に入りの組み合わせを見つけてみて。

 

https://wear.jp/frame273x1/13783892/出典: WEAR

タートルニットの下にストライプのシャツを合わせたスタイルは知的な雰囲気。ストライプのコンサバなムードをざっくりニットがカジュアルダウンしてくれます。足元はローファーなどのきちんとシューズがぴったりマッチ。

 

https://wear.jp/rumiwatari/13477659/出典: WEAR

ナチュラルテイストのニットにブルーのシャツを重ねて、きれいめ感を後押し。お出かけ日に試してみたいコーディネートです。ラフな雰囲気によりがちなデニムパンツも洗練されたムードを纏ってくれるはず。

 

https://wear.jp/taiyoooou/13625908/出典: WEAR

メンズライクテイストのニットコーデも、ブラウスをレイヤードすれば大人っぽくまとまります。スニーカーでもカジュアル過ぎずに着こなせるのでぜひ取り入れてみて!

 

 

 

スカーフアレンジを習得せよ!

一つ取り入れるだけでアイテムの表情を変えてくれるスカーフは、持っていて損はないアイテム。雰囲気の違うものを何枚か持っているだけでかなり役立ちます。もちろんニットにも♡

 

https://wear.jp/alotus/13798534/出典: WEAR

スカーフはワントーンコーデの格上げにもってこいなアイテム。首回りに軽く巻くだけで洒落感がググッとUPします。

 

https://wear.jp/terachaaaan/13576418/出典: WEAR

首にぴったり巻いたスカーフもアクセサリーのようでとっても素敵。黒パンツでかっちりめに仕上げたスタイルにレディなムードが漂います。

 

https://wear.jp/jb_kimika/13603096/出典: WEAR

大判スカーフの端を結んだだけのアレンジもインパクトがあって◎モノトーンコーデを華やかにしてくれます。スカーフに目を奪われるので連続で同じニットを着ていてもバレないかも!?

 

https://wear.jp/mami/13584538/出典: WEAR

Vネックニットにスカーフを合わせればより女っぽい♡チラッと見える素肌感にドキッとしてしまいそう!少し裾を垂らした結び方は”スカーフ使い慣れてる感”を出せちゃう。

 

 

 

インorアウトで見違えるシルエット

裾のインorアウトは、小物を使わなくても雰囲気を変えられる方法。トップスの面積の違いだけでも十分変化を出すことはできるんです!

 

https://wear.jp/yan05/13738409/出典: WEAR

トレンドのニットパンツはウエストゴムのものが多いのでアウトスタイルがきれいに見えるかも。サイドにスリットが入ったニットなら、小物なしのシンプルスタイルでも洒落て見えます。

 

https://wear.jp/yumi16100307/13655080/出典: WEAR

デニムと合わせるときはINスタイルですっきりきれいめな着こなしに。まろやかなブラウンのブーツを合わせて女性らしい装いに挑戦してみるのもいいかもしれませんよ。

 

https://wear.jp/yui929/13797741/出典: WEAR

最近はトップスをあえてアウトする着方が人気みたい!ロングスカートに着丈がやや長めのニットを合わせるときは、バランスが悪く見えないようにソール厚めのシューズでスタイルアップを目論んで!

 

https://wear.jp/3719momo/13678736/出典: WEAR

きちんとインせずに、ラフに前身頃の裾だけしまうのもアリ。特にボリュームのあるニットは全部インするとぷくぷくして見えてしまうことがあるので、前だけインがおすすめです。

 

 

 

こなれたいなら細ベルトでウエストマーク必須かも

楽にシルエットチェンジを叶えたい、そんなときこそベルトの出番!ニットの形を変えやすいのは細めのベルト。自分好みのシルエットに整えれば、見違えるような仕上がりになりますよ。

 

https://wear.jp/mg3ts/13549023/出典: WEAR

お尻まですっぽりとかくれるニットをベルトでキュッとブラウジング。上側に引き出すように調節すれば、気になる腰回りはカバーしつつ今っぽいシルエットに変えてくれます。レトロな小花柄も甘過ぎない着こなしになりますよ。

 

https://wear.jp/ccpdk542/13741883/出典: WEAR

肉厚なニットにはロープベルトが断然おすすめ!生地が分厚い分、とことん細いベルトでピンポイントに調整するのがきれいに整うコツですよ♪シンプルなデザインなのでファー小物やトレンドの柄アイテムをプラスしてもかわいいかも。

 

https://wear.jp/ayngd1020/13763904/出典: WEAR

ベーシックなスタイルもベルト一本でガラッとイメージチェンジできちゃいます。ウエスト周りにゆるく巻くだけで切り替え効果発揮!腰の位置が高く見えるので、足元はスニーカーでも脚長効果も期待できちゃうんです。

 

 

 

白ニットの着こなしをアップデートして、着回し上手に♡

白いケーブルニットコーデの女性出典: WEAR

誰しも何枚かは持っている定番のニットこそ、機転を効かせてワンパターン化を防ぎましょう。一歩先のおしゃれを楽しんで!

[記事公開日]2018.12.25 [最終更新日]2018.12.28

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS