カスタネのタワーレコードコラボTシャツ

ブーツはNG!冬のライブを120%楽しむ、コーデのポイント3つ

[記事公開日]2017.2.01
[最終更新日]2017.8.23

非日常を味わうことのできるライブって、とてもワクワクしますよね!特に冬は、数多くの音楽フェスやライブが行われる嬉しい時期です♡ですが、あまりライブに参加したことのない方は「どんな服装で行ったらいいのか分からない…」と思う方もいらっしゃるはず。そこで今回は、冬のライブコーディネートのポイントをご紹介します!

カスタネのタワーレコードコラボTシャツ出典: WEAR

冬のライブコーデには体温調節できる羽織ものがあると嬉しい

いざライブがスタートすれば周りの人の熱気で暖かいのですが、始まる前はどうしても寒いですよね。そんな時、簡単に脱ぎ着できる羽織ものがあると便利です♪指定席のライブの場合は、座席の下に荷物が置けるので厚手のアウターでもOK。自由席で荷物を置く場所がない会場なら、薄手の羽織ものがオススメですよ!

薄手のマウンテンパーカーはライブの必需品とも言えるアイテム。ぜひ1着は持っておきたいです!また、ライブが盛り上がると揉みくちゃになり、お洋服が汚れる可能性が高いです。なので、全身を黒でまとめるのはとってもオススメ♡黒なら汚れても目立ちませんし、かっこよくモードな雰囲気に仕上がりますよ。

ライブハウスに移動する間はアウターを羽織り、到着したらアウターをコインロッカーに預けましょう♪画像のようなコーディネートなら、誰でも簡単に真似できそうですね。シャツを腰に巻いたままアウターを羽織っても、お洒落にキマるのが嬉しいです♡

パーカーやシャツ以外では、ブルゾンもオススメ。カジュアルすぎる格好が苦手な方は、きれいめブルゾンを合わせて、周りとは一味違うカジュアルコーディネートに仕上げてみて。キャップは後ろにいる人の視界を遮ってしまうので、ライブが始まる前にとって下さいね◎

この記事もチェック

冬のライブコーデはTシャツの中にロングTシャツを着るのが鉄板♡

自分の好きなアーティストのTシャツは、ライブ中に絶対に着たいアイテム♪冬は、寒さ対策のためにシャツやパーカーを羽織ることが多いですが、できるだけTシャツを隠さないような着方がしたいですよね。そんな時はTシャツの下にロングTシャツを着ちゃいましょう!それだけでも十分暖かく、Tシャツが主役のコーディネートにすることもできます。

寒がりさんなら、Tシャツの下にヒートテックを合わせてもOK。薄手なので重ね着してもゴワつかないのが嬉しいポイントです♡ただ、ヒートテックは汗をかくことで発熱するので、汗ジミが目立つようなグレーのTシャツに合わせる時には要注意!目立たない色味のTシャツを選んで合わせるのが良いかも。

Tシャツを主役にしたコーディネートにしたいなら、黒やネイビーなどの落ち着いた色のロングTシャツを合わせて。規模の大きいライブなら、アーティストのTシャツがきっかけになって、新しい友達を作ることもできちゃいます◎

ライブコーディネートの定番ボトムスと言えば「Dickies(ディッキーズ)」のハーフパンツですよね!カラーバリエーションが豊富なので、自分好みのアイテムを見つけることができます。一緒に行く人と色を揃えたり、画像のように友達とカラフルな合わせ方をしても楽しいですね♪

冬のライブコーデでは履いていくシューズに要注意!

冬はブーツを履く機会も多いと思いますが、ライブ会場でのブーツ着用はあまりオススメできません。ヒールのないブーツならあまり問題ないのですが、できるだけスニーカーなどの動きやすいシューズが良いですよ◎とはいえ、ライブの雰囲気や座席指定の有無によって変わるので、ケースバイケースでシューズを選んで下さいね!

ライブが盛り上がると、どうしても周りの人を気遣っていられない場合があります。その結果、足を踏んだり踏まれたりすることもしばしば。そんな時ハイカットのスニーカーなら、足首周りをカバーしてくれるのでオススメです!踏まれると痛い”かかと”も、バッチリ守ってくれます◎

低身長さんにオススメしたいのは、ソール厚めのスニーカー。観客に埋もれてアーティストが見えないことが多い低身長さんは、ヒールのあるシューズの代わりに底の厚いスニーカーを履いちゃいましょう♡安定感のあるスニーカーならよろけることもないですよ♪

仲良しの友達と同じライブに行くなら、お揃いのコーディネートにしても良いですね♪スニーカーやTシャツを同じものにして、ライブを楽しんじゃいましょう!

この記事もチェック

冬のライブコーデのお約束まとめ

冬のライブコーディネートのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?最後にコーディネートのポイントをまとめます!

  • 冬のライブでは、脱ぎ着しやすい薄手の羽織ものがあると便利
  • アーティストTシャツの下はロングTシャツを着て、上手に体温調節
  • 足元はブーツよりスニーカーを選んで、動きやすさを重視して

 

上手にコーディネートすれば、寒い冬でも快適にライブを楽しむことができちゃいます!ライブコーディネートのポイントを押さえて、冬のライブに沢山参加しちゃいましょう♡

PICK UP

ファッションのピックアップ記事