脱いだら残念…を回避!コートを脱いでもしっかりおしゃれな冬コーデ

コート・アウターが主役になってくる冬コーデ。いくら中が隠れるからといって、コートを脱いだら残念…なんて事態は回避しなきゃ。大人女子ならコートの中も気を抜いてはダメ!コートを脱いでもおしゃれなコーデをしっかり準備してくださいね。

コートを脱いでもおしゃれな冬コーデをマスターしましょう

裾ちらデニムコーデ出典: WEAR

「コートで全部隠れるから中のコーデは適当でいいや!」と思っている人は意外と多いんではないでしょうか?でもいざ脱いでみたらパッとしないどころか、なんか残念…なんてことは大人女子なら絶対回避しなくては。ということで今回は、コートを脱いでもおしゃれな冬コーデを紹介していきます。

 

 

 

地味見えしたくないなら”柄ニット”を取り入れて

手っ取り早く地味見えしないコーディネートに格上げしたいなら、柄ニットを取り入れること。柄物が入ることで、コートを脱いでも負けないくらい華やかな印象を保てるんです。

 

青の柄ニットコーデ出典: WEAR

ダボっとしたノルディック柄のセーターは、お尻まで隠れるサイズ感がちょうどいい。トレンドのニットレギンスと合わせて、メリハリのあるコーディネートを楽しんでみてください。足元はバレエシューズでシンプルに合わせてみて。アクセはシルバーアイテムをチョイスして、アクセントをプラスしてあげるのが◎

 

ブラウントーンのコーデ出典: WEAR

ブラウンのノルディックニット×ベージュのコーデュロイスカート。同系色コーデに柄が入るのとそうでないとのでは、印象がガラっと変わりますよ!立体感が生まれてコーディネートのマンネリ化を防いでくれます。ニットはタックインしてゆるく着こなしてあげるのがベストです。

 

レオパード柄ニット出典: WEAR

冬らしいふわっとしたレオパード柄のニットを主役にしたコーディネートには、ハリ感のあるタイトスカートを合わせてあげるのがGOOD!ベレー帽と小さめバッグで女性らしさをプラスしたら、足元はスニーカーでちょっぴりカジュアルにハズしてあげるのがちょうどいいですよ♡

 

 

 

コーデ組んでる感が演出できる”オーバーオール”

コートを脱いでも存在感を失わないスタイルを作りたいならオーバーオールを取り入れるべし!オーバーオールならシンプルなトップスと合わせても寂しく見える心配なし。

 

ベージュのオーバーオールコーデ出典: WEAR

表面がしっかりしたハリ感のある生地ならオーバーオールでも子供っぽくならないですよね。黒のニットを忍ばせれば大人な雰囲気が引き出せます。レオパード柄のエコファーバッグはアクセントにぴったりです。合わせるコートはロング丈がおすすめ。

 

デニムのオーバーオールコーデ出典: WEAR

デニムのオーバーオールは少し子供っぽいのが逆にかわいいです。ちょっと古着っぽさがあるのも魅力ですよね。足元はハイカットスニーカーで差し色を足してあげれば、もっとおしゃれ度の高いコーディネートに仕上がります。

 

茶色のサロペコーで出典: WEAR

こっくりブラウンのオーバーオールは、白のスウェットでラフに着こなしてみて。オーバーオールならゆるっとしたコーデでも簡単におしゃれ見えするのが嬉しいポイントですよね!伊達眼鏡を合わせて、ちょいレトロな雰囲気を漂わせてあげるのが◎

 

 

 

裾チラがおしゃれ見え”トップスレイヤード”

シンプルコーデでも、トレンドのトップスレイヤードスタイルならグッとおしゃれ見えしてくれること間違いなしです。裾からチラっと見せるのがポイント。

 

ケーブルニットの裾ちらコーデ出典: WEAR

ハイネックのタートルニットの下から、シャツの裾がチラ見えするこのコーディネート。カットソーがチラ見えするよりも、きちんと感があるので大人女子にぴったりなスタイルです。モコモコバッグを持てば季節感もバッチリ。

 

ブラックコーデ裾ちら出典: WEAR

オールブラックコーデには、抜けポイントとして白のブラウスを裾からチラ見えさせるのが◎ゆったりしたラフなこのコーディネートにブラウスがなかったら、ちょっとだらしなく見えてしまいそうじゃないですか?どんなコートでも好マッチなはずです。

 

 

 

”カラーボトムス”は自然とハイセンスっぽい

ボトムスにカラーをチョイスすれば、自然とハイセンスでおしゃれ見えするコーディネートにアップデートされます。ただのワンツーコーデだとしても、手抜き感はゼロ!

 

ミントグリーンスカートコーデ出典: WEAR

黒のタートルネックニット×ミントグリーンのスカートコーデ。大人っぽくて程よいマイルドさがあるこのスタイルには、白のブーツで抜け感を出してあげればコーディネートが整います。マフラーで柄を取り入れてあげれば、さらに華やかな着こなしに格上げ!

 

赤のコーデュロイコーデ出典: WEAR

インパクトのあるオレンジのワイドパンツが主役のスタイルには、グレーのトップスで落ち着いた印象をプラスしてあげるのがベスト。インナートップスと靴で白を取り入れれば、抜け感が漂う大人なスタイルになること間違いなし。

 

黄色のスカートコーデ出典: WEAR

白のニット×黄色のプリーツスカートコーデ。細やか&鮮やかなこのスカートは、あえてきちんと着こなさないのがポイントです。ちょっとカジュアルにコーデするのが今っぽくておしゃれ。

 

 

 

コートの中も気を抜かないで

白ニットとブラウンパンツにコートを着た女性出典: ZOZOTOWN

コートの中のコーディネートにも気を抜かないのが大人女子です。脱いだら残念…にならないために、しっかり準備しておきましょうね!

[記事公開日]2018.11.27 [最終更新日]2018.12.03

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県