コンビニワインをちょこっとリッチに♡簡単ホットワインの作り方

ワインにスパイスや果物を入れて温めると出来上がる「ホットワイン」。実はヨーロッパでは風邪予防や身体を温めるのにおなじみの飲み物なんです。そこで提案!コンビニで買える手頃なワインを、ホットワインにしてちょっぴりリッチに楽しみませんか♡

おしゃれなホットワインを手軽に楽しもう!

ホットワインと聞いて、「なんかよくわからないけれどおしゃれなイメージ!」と感じる人も多いのではないでしょうか?ハードルが高そうだけど、実はコンビニワインでもお手軽に楽しめちゃうんです!寒い冬にお家で試してほしい、とっておきのホットワインレシピをお届け♡

 

 

 

そもそも、ホットワインって何?

もともとはドイツで開催されるクリスマスマーケットで出される、定番の飲み物だったホットワイン。通常のワインとは違い、スパイスや果物をふんだんに入れて見た目も華やかに、かつ身体を温めながらマーケットを楽しめるように作られたものらしいんです。

さらに豆知識として、「ホットワイン」という呼び名は和製英語。各国によって名称が違うところも一つのポイント!ドイツでは「グリューワイン」、フランスでは「ヴァン・ショー」…などなど、様々な呼び名で愛されている飲みものなんです♡

 

なんだかハードルをグッとあげてしまったような気がしますが、今回は簡単に作れるホットワインを二つご紹介します。寒くてどうしようもない日やお家でまったり過ごしたい日にぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

赤・白、それぞれ異なるおいしさ♡

今回はセブンイレブンで購入したワインを使って作っていこうと思います。赤・白、それぞれ異なるいしさなのでどちらも作ってみてほしい!

 

 

フルーティー&即座に温まる赤ホットワイン

ワインの他に用意するもの

・オレンジジュース(果汁100%がおすすめ)

・シナモン(スティックでもパウダーでもどちらでもOK)

 

まずは赤ワイン。独特の酸味と味の濃さで好みが分かれてしまいがちな赤ワインですが、オレンジジュースのまろやかさを加えるだけで、一気に飲みやすくなります。オレンジジュースは基本的になんでもいいのですが、果汁が100%のものの方が、より本格的な味に近づくのでおすすめです。

 

 

作り方

①ワインとジュースの割合を2:1にして耐熱コップにそそぐ

②500Wのレンジで2分ほど温める

③好きなだけシナモンをまぶす

 

ワインとオレンジジュースの割合のおすすめは2:1ですが、好みの割合で作ってもOKです。お酒が弱い人は、まずはジュース多めからはじめて、徐々にワインの量を増やしてもいいかも。

 

オレンジジュースが混ざることでワインの色に深みが出てなんとも言えない色に♡ワインを温めることで、身体もポカポカしてくるスピードがかなり早い!寒い夜にぴったりの飲み物です。

 

 

 

ピリッと爽快なジンジャー白ホットワイン

ワインの他に用意するもの

・チューブのしょうが

・輪切りのレモンやオレンジ

・お好みでスパイス(なくてもOK)

 

 

作り方

①白ワインをレンジで2分温める

②切っておいたフルーツと生姜を入れ混ぜる

 

個人的におすすめなスパイスはブラックペッパー。最後に少し振りかけることで、すっきりとした風味に仕上がります。

 

また、辛口のワインの場合は、砂糖やハチミツで甘さを足してもおいしく仕上がりますよ。ワインを温めた後、適量たらしてよく混ぜてくださいね!

 

白ワインのさっぱりとした風味と柑橘の爽やかな香りが合わさることで、グッと飲みやすくなります。カップいっぱいに果物を入れて、見た目も豪華なホットワインを楽しんじゃいましょう!

 

 

 

プチプラコンビニワインも、レンジで温めて二度おいしく!

コンビニワインはもちろん、飲み飽きてしまったワインもホットにすれば、二度「おいしい!」が楽しめちゃいますよ♡

[記事公開日]2018.11.24 [最終更新日]2019.2.06

NEW POST

ライフスタイルの新着記事

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事

  TOPICS  

RANKING

ライフスタイルのランキング