よく見たらなんか違う仕上がり!コーデに差がつく4種類のレギンス比べ

ワンピやスカートの下に合わせたり、秋冬は防寒アイテムとしても使えるレギンス。どれも同じように見えるけれど、よく見ると違いがありますよね。リブやメロウなど、どんな種類を選ぶかによってもコーデの雰囲気が変わってきますよ。事前にチェックしておいて!

コーデに差がつく!レギンスの種類を再チェック

白のカットソーにグレーのボアアウター、グレーのレギンスにナイキスニーカーを合わせたコーデ出典: WEAR

レギンスは脇役と言っていいほどさりげないファッションアイテムだけれど、生地感や履き心地はものによって様々で、意外とコーデに差が出るアイテムでもあるんです。さりげないからこそ、ぜひこだわりを持って選んでみて。

 

 

 

シンプルがいい、ぴったりフィットなTHEレギンス

レギンスと聞いて一番馴染みがあるのは、ぴったりとフィット感のあるレギンスではないでしょうか?シンプルで使いやすいのが特徴ですが、ちょっぴりダサ見えしやすいのも事実です。コーデを工夫しておしゃれに着こなしましょう。

 

 

定番の黒レギンス

レギンスと言えば定番の黒!コーデを引き締める効果もあり一本持っていると使えます◎

 

白のロンTにベージュカーディガン、黒のレギンスを合わせたコーデ出典: WEAR

ロンTにざっくりカーディガン、黒レギンスを合わせればシンプルでこなれ感あるコーデが完成。ちょっと厚みのある素材ならレギンスパンツみたいで履きやすいです!

 

白のループニットに黒レギンス、白ソックスと黒のバレエシューズを合わせたコーデ出典: WEAR

足元を工夫してレギンスコーデをもっとおしゃれに。黒レギンス+白ソックス+バレエシューズのコンビはバレリーナ風で、かわいらしい雰囲気のコーデに見せてくれます。

 

 

黒以外にも

定番っぽさを避けるなら黒以外のカラーで取り入れてみて。白やベージュなどの淡い系がおすすめです♡

 

白のロンTにベージュのカーディガン、グレー系のレギンスにスニーカーを合わせたコーデ出典: WEAR

白のカーディガンにベージュレギンス、モカブラウンのスニーカーを合わせたワントーンコーデ。シンプルだけれど、色にまとまりがあるのでおしゃれ見えします。

 

黒のニットワンピに白のレギンス、レオパード柄バレエシューズを合わせたコーデ出典: WEAR

黒のニットワンピースには白のレギンスを合わせて抜け感を。裾からチラ見えするレギンスがポイントです。ピンクのファーバッグを合わせてエレガントに仕上げて。

 

 

 

ふわっとした生地感がおしゃれ♪ワッフルレギンス

続いて見た目に差が出やすいワッフルレギンスをご紹介。ふわっとした生地感がおしゃれで、平面なものに比べて表情があります。サーマルやワッフルがキテる今年、とりあえずGETしておけばトレンドライクに楽しめること間違いなしです!

 

 

スリット入りがおしゃれ

ブラウンのスリットレギンスにグレーのコンバースを履いた、足元アップの画像出典: ZOZOTOWN

ノーマルなレギンスも良いけれど、スリット入りならよりおしゃれ!このスリットでコーデがグッと垢抜けるんです。ダークトーンでまとめたコーデもスッキリと着こなせます♪

 

白のスウェットに黒のスリットレギンス、ブラウンのニット帽を合わせたコーデ出典: WEAR

こちらはセンターに大きく入ったスリットが個性的。履くだけで遊びの効いたコーデが楽しめそうです。スウェットとニット帽でやんちゃ風に仕上げると◎

 

 

もはやパンツ感覚で

パンツ感覚で履けちゃうワッフルレギンスが楽チン♡生地に程よく厚みがあって、裾がリブになっているのがかわいいです。

 

白のケーブルニットに白のレギンス、花束を持った女性出典: WEAR

白のビッグニットに白のワッフルレギンスで楽しむホワイトコーデ。ゆるぴたシルエットなので、白を全体的に使ってもコーデが浮きません。足元は秋らしくレオパード柄のバレエシューズをON!

 

 

 

リブニットレギンスがほっこりかわいい♡

ほっこりと暖かく履けるリブニットレギンス。特に秋冬は一本持っていると活躍します。カジュアルすぎないので、しっとりと大人っぽい着こなしにもよく合いますよ。

 

 

カジュアルワンピに

チェックシャツワンピにリブニットレギンスを合わせた、足元アップの画像出典: ZOZOTOWN

カジュアルワンピもリブニットレギンスで大人っぽい印象に。春夏着たワンピースなども、リブニットレギンスを合わせれば秋冬でも楽しめそうです。

 

 

クシュッとさせて

カーキのキルティングジャケットにグレーのリブニットレギンス、黒のスニーカーを合わせたコーデ出典: WEAR

ちょっと長めのリブニットレギンスを裾でクシュッとさせるとまたかわいい!レギンスも履き方次第で個性が出ますね。

 

 

ニット×ニットで

ベージュ系のニットワンピに黒のスリットレギンス、ビットローファーを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

タートルネックのロングニットワンピにリブニットレギンスをレイヤード。ニット×ニットのコンビで見た目にも暖かいコーデが完成♪ビットローファーを合わせればコーデが締まります。

 

 

 

メロウレギンスでさりげなく足元を華やかに

裾部分の”ひだひだ”がかわいいメロウレギンス。リブニットレギンスに多く見られるデザインで、さりげなく足元を華やかに見せてくれます。メロウありとなしでは、けっこう印象が違ってきますよ。

 

 

おすすめはオフホワイト

白のメロウレギンスを履いた足元アップの画像出典: ZOZOTOWN

人気なのはオフホワイトのメロウレギンス。ちょっぴりパジャマのような、抜けのある雰囲気がツボです。やっぱり足元はバレエシューズだとかわいい♡

 

 

THEシンプルコーデもほんのりかわいく

ベージュのワンピースに白のレギンス、黒のバレエシューズを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

無地のシンプルなワンピースコーデも、メロウレギンスを合わせればほんのりかわいく。レギンスを使って、足元だけで魅せるのも良いですね。

 

 

ボーイッシュコーデのアクセントに

イエローのスウェットにボアアウター、グレーのレギンスを合わせたコーデ出典: WEAR

ボーイッシュコーデに女子っぽさをプラスしたい!そんな時もメロウレギンスが使えます。ロンTを重ねたロゴスウェットにそのまま合わせちゃえばOK。”裾だけちょっとかわいい”がアクセントに。

 

 

 

あなたはどのレギンス選ぶ?

白ニットにブラウンレギンスの女性出典: ZOZOTOWN

4つのタイプのレギンスをご紹介してきました。レギンスは肌へのフィット感、素材、裾のデザインなどで印象がグッと変わります。お気に入りレギンスをGETして、いつもコーデをもっとおしゃれに楽しんでみてください。

[記事公開日]2018.11.17 [最終更新日]2018.11.22

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県