旅先の思い出を形に残そう♡簡単《トラベルスクラップブック》の作り方

旅行に言った時に必ずと言っていいほど撮る写真。シンプルにアルバムやSNSシェアもいいけれど、たまには自分の感性のままにオリジナルのスクラップブックを作ってみませんか?今回は初心者さんでもおしゃれなスクラップブックが簡単に作れる方法を伝授!

撮ったはいいけど管理が難しい旅の記録…

旅先で撮影した写真やちょっとした思い出、みなさんはどのようにしまっていますか?楽しくて写真をたくさん撮ってしまうのはいいものの、実際撮った写真はたま〜に見返すだけ…なんてこともあるのではないでしょうか?

もしくは、サクッとSNSにアップしていいね!がつくのを待っていたり。それはそれで楽しみたいところではありますが、せっかく撮った写真をただただデータとして残すだけ…なんてちょっと勿体無いかも。どうせなら、行った時の楽しい思い出や感じたことを思い出せるような何かを作りたくありませんか?

 

そんなわけで今回lamireは《トラベルスクラップブック》に注目してみました♡

 

写真やデコレーションを組み合わせて作るトレベルスクラップブックは、世界でただ一つのオリジナルの思い出帳。作り方がとても難しそうに感じるかもしれませんがご安心ください。これを見ながら作れば、あっという間に手の込んだ風の作品が出来上がりますから。

 

 

 

スクラップブックに必要な材料って?

以外にもシンプルなスクラップブックの材料。なんと揃えようと思えば、100均で全て…いや、家の中にあるものでも事足りてしまうんです。

 

 

確実に必要なのはこれだ!

B5 スケッチブック もしくはスクラップブックノート

土台となる台紙は、小さめで厚みのある紙のものが◎薄い紙のものだと少々作りにくいので、しっかり素材のものを選びましょう。

 

 

はさみ

写真やデコレーションを切るのに必要不可欠。小さめのものもあると便利です。どちらも切れ味の良いものを!

 

 

テープのり

手早く接着できるテープタイプが個人的にはおすすめ。粘着力も文句なしです。液体のりはうっかり汚れてしまいがちなので、なるべく避けるのがベターかも。

 

 

写真は「分割プリント」で小さく、たくさん!

写真は分割プリントなどで小さくしたものもあるとかなりデコレーションしやすいです。分割プリントとは、一枚に複数の写真がプリントされた写真のこと。大体の写真屋さんに設置してある機械などから選択することができます。

 

全て同じ大きさでプリントせずに、バラバラの大きさのものを用意することで動きのあるページを作ることができますよ。逆に、ミニマルな雰囲気にしたい人は同じ大きさで用意すると◎

 

 

デコレーションは雰囲気を統一させて

スクラップブックを作る上で欠かせないデコレーション。闇雲にかわいいと思うものを選ぶのではなく、「どんな雰囲気にしたいか」を考えながら選ぶと失敗しにくいです。

 

雰囲気がわからない場合は色だけでも決めておくととっても作業が捗りますよ!ちなみに今回記事で作るページは、淡いくすみカラーで統一させて、大人かわいい雰囲気に仕上げようと思います。

 

 

 

作る時の手順やコツが知りたい!

早速作っていきましょう!ここで紹介する大まかな手順やコツを覚えれば、様々なものに応用できるので要チェックです。

 

最初に手順だけ説明すると、

 

分割した写真を切りはなす位置を決めて写真を貼るデコレーションをする

 

お気づきかと思いますが、実はざっくり説明するとたったの3ステップなんです。詳しいコツなどを解説していきますね。

 

 

①分割した写真を切り離す

分割でプリントした写真を切っていきます。線に沿ってまっすぐ切るのが失敗知らずでおすすめですが、慣れてきたら不思議な形や、あえてラフに切り抜いてもいいかも。簡単なのは周りの余白を残して切り抜く方法。ちょこっとだけおしゃれに仕上がりますよ。

 

 

②位置を決めて写真を貼る

切り抜いた写真を選びながら、どんな配置にするか考えます。例えば大きさの異なる写真2枚なら、上の画像のような置き方がベーシックです。

 

写真それぞれにコメントを入れたいなら左上の配置がおすすめです。一つの日記のような雰囲気にしたいのなら右上のような横並びが文字を書きやすいはず。

 

上下でデコレーション部分と文字部分を分けたいのであれば左下のように中央にもってくるのがベターで、おしゃれさを重視したいなら右下のように重ね合わせた貼り方が良いと思います。

 

 

③デコレーションをする

写真の位置を決めて貼ったら、いよいよデコレーションです。あらかじめテーマカラーや雰囲気を決めていれば思いの外簡単にできてしまうんですよ。

 

吹き出しやメモ風のステッカーは簡単に文字を入れるスペースが作れるので用意しておくとかなり役立ちます。吹き出し部分が不要なら、上からステッカーを貼って隠してしまえばどの位置にも使えますよ。

 

また、台紙に直接文字を書くのがちょっと緊張してしまう人はマスキングテープの上から文字を書くのが安心。失敗せずにおしゃれにも見えて、まさに一石二鳥です。

 

写真を多く貼ったページはデコレーションできる部分が少なくなります。華やかに見せたいときは、写真にもステッカーやマスキングテープを貼ってあげましょう!

 

マスキングテープを細く切ったものを何色か用意して、写真の角に貼り重なると簡単に手の込んだページになるので試してみてくださいね。

 

 

切って貼って…完成!

大きな余白は残さないように、ステッカーなどでしっかりデコレーションしたら完成です。必ず最初に全部の写真の位置を決めてからデコレーションを始めると、必然的にデコレーションとのバランスもよくなります。

 

見開きページで作る場合は、2ページ一緒に見た時のバランスも考えて配置を決めると、より完成度の高いスクラップブックに♡

 

 

 

旅先の思い出はスクラップブックでおしゃれに残そう♡

コツさえ掴めばあっという間にできちゃうトラベルスクラップブック。今まで撮りためていた写真でまずは一つ作ってみてはいかがでしょうか?

[記事公開日]2018.12.02

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県