どのぐらい寒い?微妙な気温の日が多い《11月コーデ》の正解って?

11月は暦の上ではギリギリ秋だけど、気温は冬かと思うほど低い日もあり、風が冷たいとなおさら寒く感じますよね。そんな秋と冬の間は、どんな服装をすべき…?温度差も気になる11月の正解コーデを考えてみたので、参考にしてくださいね。

11月の正解コーデって?

白のオーバーサイズスウェットにブラウンパンツ出典: ZOZOTOWN

ギリギリ秋の11月の正解コーデって?秋だけど風が冷たい日には冬かと思うほど寒いですよね。10月と同じようなコーデではおそらく寒いんです。朝晩の気温差もある11月の正解コーデを考えてみました。

 

 

 

平均気温は15度!羽織りが必須

11月の平均気温は15度。20度を切るとかなり寒い印象ですよね。さすがにシャツ1枚やシースルーのアイテムは寒々しいかも。かといって厚手のコートを着るにはまだ早い。切り替える前のちょどいい羽織りを教えます。

 

 

ライダースジャケット

黒ライダースにデニムパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

ライダースジャケットは、秋冬の羽織の定番として毎年着られるベーシックアイテム。レザーなので風を通さないのが最大のメリットですよ。しっかり袖を通さずとも、肩がけにしておいてもいいかも。コンパクトなアウターなので着膨れ防止にもGOOD。

 

 

テーラードジャケット

チェックジャケットにマスタードワンピース出典: ZOZOTOWN

かっちり感のあるアウターを選ぶなら「テーラードジャケット」がおすすめ。特に2018秋冬はチェック柄がトレンドなので、チェック柄のテーラードジャケットはおしゃれ見えを狙えます。ジャストサイズよりも、オーバーシルエット気味をチョイスするとこなれ感も演出できますよ。

 

 

コーデュロイアウター

白のコーデュロイアウター出典: ZOZOTOWN

2018秋冬は「コーデュロイ」のアウターもたくさん登場中。特に太めのコーデュロイが今っぽいので、これから買うなら太めを選ぶといいですよ。ラフなコーデが好きな人におすすめ。

 

 

 

1枚で着るならスウェットが使える

アウターを羽織らずとも1枚で着られるのは「スウェット」。ゆるっとしたシルエットで楽チンさゆえに秋冬のコーデには大活躍しそうです。余裕があるので中にインナーを着込んでもバレないのもいいところ♡

 

白のスウェットにデニムパンツ出典: ZOZOTOWN

ベージュ系スウェットは、暗くなりやすい秋冬コーデを明るく見せてくれるアイテム。顔まわりに明るいカラーがあると表情まで明る見えますよ。

 

黒スウェットにスキニーパンツ出典: ZOZOTOWN

やっぱり定番は黒スウェット。オーバーシルエットでもコンパクトでも、持っていたら絶対使える間違いないアイテムですよ。コーデ考えるのが面倒な日も黒スウェットに頼ってみて。オーバーシルエットのスウェットにはスキニーパンツなど、コンパクトなボトムスを合わせてくださいね。

 

イエローのスウェットにデニムパンツ

出典: ZOZOTOWN

ベーシックなスウェットだけじゃつまらないので、カラースウェットで変化をつけるのもアリ。スウェットは黒やグレーがメジャーですが、カラースウェットも探すとたくさんありますよ。パキッとしたカラースウェットは着るだけで新鮮なコーデになりそうです。

 

 

 

足元見せすぎには要注意

秋冬も抜け感は大事だけれど、抜けすぎには要注意です。足元がスッキリしていると、寒々しいと感じることもあるので適度に隠すことを忘れずに。

 

 

ブーツorハイカットスニーカーで寒見え回避

ニットスカートにハイカットコンバース出典: WEAR

少し前までは、ローカットスニーカーで足首見せをしていたコーデも、11月になったら寒く見えてしまいそう。コーデはそのままで足元をブーツやハイカットスニーカーにチェンジして温かみのあるスタイルにすると季節感のある仕上がりになりますよ。

 

 

足元の救世主は「リブレギンス」

ニットワンピにリブレギンス出典: WEAR

1枚で着るには寒そうなニットワンピやシャツワンピは、リブレギンスをレイヤードしたらOK。見た目も着心地も暖かいですよね。柔らかい素材のワンピースやスカートの下に仕込めばトレンド感のあるコーディネートに見えますよ。

 

 

スキニー×ローカットスニーカーは◎

スキニーパンツにスニーカー出典: WEAR

ローカットスニーカーは足首が見えて寒そうと言いましたが、レングスのあるボトムスとコーディネートすればアリです。スキニーパンツとローカットスニーカーのバランスがベストです。

 

 

 

スカートは透け感よりも「暖か見え重視」で

スカートは、シフォンやレースなどの透け感があるものよりも暖か見えするかを重視して選ぶと、見た目から暖かいコーディネートになりますよ。

 

黒トップスにチェック柄プリーツスカート出典: ZOZOTOWN

チェックのマキシ丈スカートは、ちょうどいい重さがあって暖かそうですよね。2018秋冬のトレンド柄にもなっているので洒落感があって使いやすいですよ。マキシ丈スカートで着膨れしないようにウエストはしっかりマークして♪

 

ベージュニットにブラウンスカート出典: ZOZOTOWN

ブラウンのヘリンボーンスカートは、どこからどう見ても暖かそう♡ブラウンコーデが増殖中なので、ベージュやブラウンのグラデーションコーデにしてみるのもいいかも。トップスの色味が薄い時こそボトムスは暖か見えを重視して。

 

 

 

季節にピッタリのコーデをしよう

デニムパンツにキルティングコートの女性出典: WEAR

11月は秋とも冬とも言えない微妙な気温の日が多くて、厚手もアウター着るほどではないけど風が冷たいと感じる日が多いかも。季節に合った服装で、11月にしかできないおしゃれで楽しく乗り切って♪

[記事公開日]2018.11.01 [最終更新日]2018.11.06

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県