冬のパーカーコーデ12選!大人女子のこなれ感を作ろう!

[記事公開日]2019.12.15
[最終更新日]2020.4.01

カジュアルなパーカーを、冬コーデにも活躍させてみませんか?ニットに比べて出番が減りがちな冬のパーカーですが、あったかアウターがあれば北風の中でも寒くありません。アウターからのぞくフードをアクセントに、冬のパーカーコーデを満喫しちゃいましょう♡

真冬だってパーカーコーデを楽しみたいんです!

白パーカーに黒スキニーを合わせて、黒のステンカラーコートを羽織った女性

出典: WEAR

カジュアルコーデに欠かせないパーカーも、冬の間はニットに押されて活躍の機会が減りがち?でもそれはちょっぴりもったいない!寒い時期こそ、アウターからちょこんとのぞかせたフードをアクセントに、パーカーコーデをとことん楽しんじゃいましょう♡

 

 

 

あったかアウターがあれば、冬のパーカーも寒くない♪

毛糸を編み込んだニットに比べると、どうしても寒々しい印象になってしまうパーカー。でも、パーカーの上から肉厚のあったかアウターをプラスすれば、真冬でもパーカーコーデが楽しめます。外は寒くても、暖房が効いた屋内は暑いくらいなんてことが多いから、パーカー×肉厚アウターのコンビは意外に理にかなっていると言えるかも!?

 

グレーパーカーに黒スキニーを合わせて、ベージュのボアコートを羽織った女性

出典: WEAR

グレーパーカー×黒スキニーの定番コンビにミリタリーテイストのボアアウターをプラスすれば、クールなイメージはそのままでバッチリ防寒できちゃいます。カラフルなハイテクスニーカーを使って足元にもボリュームを出して、上半身とのバランスを上手に取って。

 

ブラウンのパーカーにブラウンのプリーツスカートを合わせて、ネイビーのロングコートを羽織った女性出典: WEAR

シックなプリーツスカートを、ブラウンのパーカーで程よくカジュアルダウン。たっぷりとしたチェスターコートは端正なネイビーをチョイスして、シンプルだけれど上品な印象の着こなしに。スタッズやチェーンのトリミングがスパイシーなレザーバッグが、辛口なアクセントとしてピリッと効いていますね。

 

ベージュのパーカーに白Tを仕込んでスキニーデニムを合わせ、グレーのノーカラーコートを羽織った女性

出典: WEAR

襟元がスッキリしたノーカラーコートなら、パーカーコーデに羽織ってもフードがもたつかないのが嬉しい♡控えめに入ったロゴや紐をきゅっと結ぶアレンジも、グンと映えて見えます。白やベージュ、グレーなど淡いカラーを重ねて、しっとりと優しい雰囲気のパーカー×デニムコーデを満喫しちゃいましょ。

 

ボアパーカーに白Tを仕込んで黒スキニーを合わせ、黒のダウンジャケットを羽織った女性

出典: WEAR

もこもこのボア素材のパーカーにダウンジャケットを羽織れば、冷たい北風もへっちゃらの暖かさ。ボトムスはタイトな黒スキニーを合わせて、上半身のボリュームとぬいぐるみみたいにキュートなボアパーカーの甘さをそぎ落とすのが◎

 

 

 

ずるずるシルエットの目線UPにパーカーがお役立ち

トレンドライクなずるずるシルエットの着こなしにも、ぜひパーカーを活用してみて。ボリューミーなずるずるコーデは重心が下がりやすいのがネックですが、アウターからフードをちら見せすることで簡単に目線を引き上げることができちゃうんです♪

 

グレーパーカーにブラウンのワイドパンツを合わせて、キャメルのオーバーシルエットのチェスターコートを羽織った女性

出典: WEAR

裾幅の広いワイドパンツにオーバーサイズのチェスターコートを羽織ったルーズな着こなしは、グレーパーカーのフードをのぞかせて顔周りのアクセントに。ヘアスタイルも高めの位置でコンパクトにまとめることで、さらなる目線UPが狙えます。

 

グレーパーカーに黒のタートルをレイヤードしてネイビーのリブパンツを合わせて、黒のガウンコートを羽織った女性

出典: WEAR

だぼっとしたニットパンツにニットコートを合わせたニット×ニットコーデは、トップスをパーカーにして素材感で変化をつけて。タートルネックのインナーをレイヤードすれば、寒さも気になりません。パーカーとリンクするグレーのスニーカーが、ダークカラーを基調とした着こなしに軽やかさを出してくれますね。

 

黒のパーカーにベージュのニットパンツを合わせて、カーキのボアジャケットを羽織った女性出典: WEAR

ビッグサイズのパーカーにはショート丈のアウターを合わせると重心を上げやすく、しかもかわいらしいバランスに。ふわふわのファーブルゾンやころんとまるみを帯びたパンプスなどほんのり甘さのあるアイテムを揃えれば、カジュアルなずるずるコーデをキュートに味付けすることができますよ。

 

ベージュのパーカーにベージュのプリーツスカートを合わせて、白のボアコートを羽織った女性出典: WEAR

白やベージュなどまろやか配色でまとめたボリューミーなワントーンコーデは、2019冬チャレンジしたい着こなしのひとつ。白インナーをパーカーの裾や襟ぐりからのぞかせたり、もこもこのボアアウターの背中にフードを効かせる小技を駆使して、淡色コーデでもさりげなくメリハリを出しちゃいましょう。

 

 

 

パーカー×きれいめアイテムのギャップがツボ♡

パーカーときれいめアイテムのギャップのある組み合わせは、いつだって大人女子の大好物♡花柄やレースなどちょっぴり気恥ずかしくなっちゃうアイテムだって、パーカでカジュアルダウンすれば程よい甘辛バランスで着こなせます。アウターを羽織ると何だかいつも同じ印象に陥りがちな冬のおしゃれですが、パーカーを使ったMIXコーデでリフレッシュしてみるのもアリですよ!

 

黒の花柄ワンピースに黒のパーカーをレイヤードして、ベージュのチェスターコートを羽織った女性

出典: WEAR

可憐な花柄ワンピースに、オーバーサイズの黒パーカーをレイヤード。マニッシュなチェスターコートやゴツめのサイドゴアブーツを合わせれば、花柄の甘さをさらにカットできます。黒とベージュのシックな配色もあいまって、カジュアルすぎず甘すぎないMIXコーデが楽しめますね。

 

ブラウンのパーカーに白のケーブルニットスカートを合わせて、黒のノーカラーコートを羽織った女性出典: WEAR

リラックス感のあるパーカー×ニットボトムスの組み合わせですが、すとんと落ちるニットスカートならほんのりと女っぽい♡しかもぽこぽこと立体的なケーブル編みが表情豊かだから、地味見えしないのも嬉しいポイントです。ノーカラーコートをさらりと羽織って、Iラインシルエットの縦線をさりげなく補強しちゃいましょ。

 

ネイビーのパーカーにネイビーのパンツを合わせてレーススカートをレイヤードし、キャメルのコートを羽織った女性

出典: WEAR

パーカーとスウェットパンツのスポーティーなセットアップに、繊細なカットワークレースのラップスカートをふわりと重ねて。なかなか手を出しにくいスポーツMIXコーデですが、使う色をベーシックカラーでまとめたり、きれいめアイテムと組み合わせることでシックに仕上げることができますね。

 

白パーカーに黒スキニーを合わせてブラウンのチェスターコートを羽織り、黒のヒールパンプスを合わせた女性出典: WEAR

パーカー×テーパードデニムのシンプルなモノトーンコーデも、形のきれいなポインテッドトゥパンプスを合わせるだけでグッと大人の雰囲気に。かっちりし過ぎない、着流しタイプのチェスターコートをさらりと羽織ってこなれ感を演出しつつ、デザイン性の高いレザーバッグやカシミアのチェック柄ストールなど丁寧な小物づかいでコーデの格を引き上げて。

 

 

 

アウターからのぞくフードをアクセントに効かせましょ

グレーパーカーにコートコーデの女性出典: ZOZOTOWN

あったかアウターがあれば、真冬のパーカーも寒くありません。アウターからのぞくフードをアクセントに効かせて、アクティブなパーカーコーデをとことん楽しんじゃいましょう♡

PICK UP

ファッションのピックアップ記事