”微妙に肌寒い”を解決!いま求めているのはカーデ以上コート未満の服

だんだんと肌寒くなる秋、外に出るときは羽織りが必須。でもカーディガンじゃ物足りないし、コートを着るにはまだ早すぎる…そんなわがままを叶えてくれる「カーデ以上コート未満の服」が理想的です!秋の微妙な肌寒さに対応できる一着を探しましょ♪

カーデ以上コート未満の服が欲しい!

カーディガンじゃ寒いし、コートを着るにはまだ早い…そんな微妙な秋には”カーデ以上コート未満の服”が欲しい!思い浮かぶのはデニムジャケットやミリタリージャケットなどのジャケットアイテムだけど、見た目はおしゃれでも着心地がイマイチだったり防寒に乏しかったりと、ちょっぴり惜しい部分があるのも事実です。

ブラウンのニット帽に白のボアブルゾンを着た女性がガードレールに座っている画像出典: WEAR

大事なのはやっぱり、着心地の良さと程よく防寒してくれる機能性。今回はそんな条件を満たしたおしゃれで実用性の高い羽織りアイテムを4つご紹介します。

 

 

 

トレンドのマウンテンパーカーはGETしとこ

マウンテンパーカーは2018年トレンドアイテムの1つ。とりあえずGETしておけばおしゃれに楽しめること間違いなしです!着心地は軽くて防寒もしっかり◎カジュアルなのでいつもコーデに取り入れやすいのもおすすめポイントです。

 

 

おしゃれジャケット感覚で

ベージュのマウンテンパーカーにデニムパンツ、レザーの巾着バッグを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

アウトドア感たっぷりなマウンテンパーカーですが、ジャケット感覚で合わせればワンランク上の着こなしが楽しめます。例えばブラウスやバレエシューズを取り入れた女性らしいコーデにサッと羽織って。巾着バッグでさらに上品に。

 

 

スポーティーなプルオーバーもかわいい♡

キャップに白×ネイビーのマウンテンパーカー、デニムパンツを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

プルオーバーのマウンテンパーカーはフルジップのものとまた一味違っていい感じ!キャップやスニーカーを合わせてスポーティーに着こなすとおしゃれです。インナーもTシャツからトレーナー、タートルネックまで気温に合わせて変えても楽しめますよ♪

 

 

今年のカーキはマウンテンパーカーで取り入れて

カーキのマウンテンパーカーに黒のスリットパンツを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

秋に一個は欲しいカーキアイテム。羽織りで言えばミリタリージャケットが無難だけれど、今年らしく行くならマウンテンパーカーで取り入れてもいいかも♡モノトーンアイテムを盛り込んで、秋らしくシックに作ってみて。

 

 

 

フリース、ボアブルゾンも2018年の狙い目

フリース、ボアブルゾンはもこもこであったか♡こちらも今年狙い目のアイテムです。毛足が短く密度の高いフリースか、羊のようなボアかはお好みで。とにかくかわいいから見た目で選んじゃいましょ。

 

 

もこもこ感がたまらない

キャメルのフリースブルゾンを着た女性出典: ZOZOTOWN

フリース、ボアブルゾンはとにかくこのもこもこ感がたまりません。今年は左胸ポケットの付いたアウトドアライクなブルゾンが人気みたい!存在感もあって、これ一着だけでおしゃれコーデが完成します。

 

 

カジュアルな一着にフード付きがいいかも

モカブラウンのフード付きボアブルゾンに黒のワイドパンツ、赤のコンバースを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

フード付きのボアブルゾンならパーカー感覚で使いやすいです。よりカジュアルな使い心地を求めている人には特におすすめ。ちょい丈短めのものを選ぶとワイドパンツやスカートなど、ボリュームのあるボトムスと合わせてもバランス良くキマります。

 

 

ドレッシーなスカートと合わせて

白のボアブルゾンにブラウンのプリーツスカート、ブーツを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

パンツスタイルでカジュアルに着るのも良いけれど、ちょっとハズしを狙ってドレッシーなスカートを合わせると新鮮♪かわいいボアブルゾンとギャップのあるアイテムの組み合わせだと、遊びが効いてGOOD。

 

 

 

軽くてあったかいキルティングジャケットが優秀

ひと昔前はおばさんっぽいイメージのあったキルティングだけれど、今やおしゃれの定番。とても軽いのにコート並みにあったかいから、一度着たら手放せません。とにかく優秀なキルティングジャケットをぜひ。

 

 

大人ミリタリーに

カーキのキルティングブルゾンにデニムパンツ、白ソックスとバレエシューズを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

カーキのキルティングジャケットはちょっぴりミリタリーな雰囲気がおしゃれ。MA-1より大人っぽく、大人女子らしいミリタリーコーデにちょうどいいです♪白ソックス+バレエシューズで足元をかわいく飾って。

 

 

ホワイトが新鮮

黒のキャップに白のキルティングジャケット、デニムパンツを合わせたコーデ出典: WEAR

ホワイトのキルティングジャケットってちょっと新鮮ですよね。大きめのキルティング模様もかわいくてツボです。ジャケットを主役に、モノトーンでまとめればシンプルにかっこよく着こなせます。

 

 

上品なデザインに一目ぼれ

黒のキルティングジャケットにブラウンのコーデュロイパンツ、ファーバッグを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

まるでフォーマルジャケットのようなデザインが目を引くこのキルティングジャケット。カジュアルコーデに羽織っても、女性らしい品のある着こなしで楽しめます。人とちょっと違うキルティングジャケットを狙っているならアリかも♡

 

 

 

コーディガンがやっぱり使える♡

”カーデ以上コート未満”をまさに表現している”コーディガン”。どんなコーデにも合わせやすいのでこの時期はやっぱり外せません。一着あれば屋内でも屋外でも活躍してくれること間違いなしです。

 

 

ユニクロ・GUでも手に入る

キャメルのハットにカーキのコーディガン、ファークラッチを合わせたコーデ出典: WEAR

コーディガンはユニクロ・GUでお手軽にGETできます。かわいいのがいくつか揃っているので好みのものが見つかりそう♪ニットのコーディガンはゆったりしていて羽織りやすさ抜群!ハットやクラッチバッグを投入して大人カジュアルに楽しんで。

 

 

チェック柄でおしゃれ感アップ

白トップスにデニムパンツ、グレンチェックのコーディガンを合わせたコーデ出典: WEAR

柄入りのコーディガンならコーデの主役になってくれます。今回は大人っぽく渋めなグレンチェック柄をチョイス。シンプルな白トップスに羽織っても良し、きちんと感あるシャツやブラウスなどの上に羽織っても良さそうです◎

 

 

ロング丈もサラッと羽織れる

黒のスウェットに黒のパンツ、ベージュのコーディガンを羽織ったコーデ出典: WEAR

ロング丈でも軽く羽織れるのがコーディガンの魅力。サラッと肩に掛けるスタイルなら、スウェットを合わせたご近所コーデもおしゃれにキマります。

 

 

 

一着あるとないとじゃけっこう違います

デニムパンツにブルゾンを着た女性出典: WEAR

暖かい日があったり寒い日があったりと気温の安定しないこの時期、”カーデ以上コート未満”の服が一着あるとないとじゃ快適さがけっこう違います。おしゃれで無理のない秋コーデを実現させるために、今回ご紹介した羽織りアイテムを秋のワードローブにプラスしてみてください。

[記事公開日]2018.10.18 [最終更新日]2018.10.22

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県