下まぶたONカラーシャドウが旬メイク!初心者でも安心な3stepテクニック

アイシャドウはブラウンが鉄板!…だったけど、カラーアイシャドウにシフトチェンジしつつあるアイメイクトレンド。特に下まぶたにカラーシャドウをONするのが旬なんです。だけど初心者が取り入れるには何色が失敗しない?どう塗ったらいい?そんなお悩みにサクッとご回答!

旬なメイクは”下まぶたにカラーアイシャドウ”なんです

最近まではブラウンで引き締めるのが定番だった下まぶたメイクも、秋冬になるにつれて徐々にカラーアイシャドウをさりげなく仕込むメイク方法にシフトチェンジしてきている模様。

とはいえ普段全くしないカラーメイクを急にやるのは難しいですよね。今回は控えめなのに印象チェンジが叶う下まぶた×カラーアイシャドウメイク法をレクチャー。

 

初心者さんでも優しいカラー&こなれた塗り方を取り入れて”なんかおしゃれ”な雰囲気をGETしちゃいましょう。

 

 

 

カラーシャドウはさじ加減を覚えれば3ステップでできる

カラーアイシャドウの難しいところは、”どのくらいつければいいのか?”というところ。そんな一歩間違えるとけばけばしい印象になってしまうカラーアイシャドウの上手な選び方&塗り方をサクッとご紹介!これであなたもカラー下まぶたメイクデビューできるかも。

 

 

とりあえず”赤みオレンジ”を選んでおけば失敗知らず

トレンドのパープルやネイビーも捨て難いけれど、初心者さんがカラー下まぶたに挑戦するなら赤みのあるオレンジが馴染みやすくて一押しです。ベースに選ぶ色は透け感のあるゴールドやブラウンがGOOD。

 

今回はまぶた全体にクリームタイプのアイシャドウを、下まぶたには赤み強いオレンジブラウンをセレクト。

 

 

step1.アイホールに薄グラデーションを作る

まず、Aのベースを指に取って二重幅にのせ、アイホール全体に伸ばしながらなじませます。眉毛に近づくにつれて薄〜く、グラデーションにさせるのがちょうどいい!

 

なによりも、クリームタイプのアイシャドウは伸ばしやすく薄づきで色の調整がしやすいのでおすすめ。

 

 

step2.目尻に赤みオレンジシャドウをON

Bを綿棒に軽く取って両まぶたの目尻に”くの字”にのせる。アイシャドウチップよりも綿棒の方が少しずつ取ることができるのでおすすめですよ。

 

 

step3.さらに下まぶたのキワにON

目線を上にしながら、下まぶたのキワに同じくBを塗ります。涙袋には塗らずに、あくまで下まぶたのみに細めに塗ることでカジュアルな印象に。こちらも綿棒を使うと楽です。

 

 

Finish.一気に今っぽフェイスに

仕上げにマスカラをして完成。さりげなく目尻と下まぶたのキワに明るい色があるだけで、グッと旬な目元に近づけます。眉毛も合わせて赤みのある仕上がりにすることで目元に統一感が出ますよ。

 

赤みオレンジに慣れてきたら、ぜひトレンドカラーや気になる色でもチャレンジしてみてくださいね!

 

 

 

旬な顔は下まぶたONカラーアイシャドウで作れます

カラーアイシャドウって難しいと思われがちですが、さりげなく仕込むとやりすぎ感もなく使いやすいですよ。下まぶたメイクはブラウンではなく、カラーアイシャドウにも挑戦してみてくださいね!

[記事公開日]2018.11.02 [最終更新日]2019.5.01

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS