“黒っぽい”がちょうどいい!秋のブラックコーデが軽やかになるテク4つ

"重厚"というイメージが強いブラックコーデの印象をおしゃれにアップデートさせるには"軽量感"が必要。目指したいのは「真っ黒」よりも「黒っぽい」。同じ黒でも素材やトーンの違いを変えたり、柄を使うことで今まで以上にこなれた秋コーデが完成するかも。

うまくいくアイデア4つ。秋のブラックコーデこそ軽さが欲しい

https://wear.jp/axxbabyx/13267391/

出典: WEAR

黒色で軽さを纏うなんて難しいんじゃない?と思うかもしれませんが、アイテム視野組み合わせ次第で黒なのに軽快なムードのスタイルが完成するんです。これからナビゲートする4つのアイデアをうまく取り入れて、柔らかみのあるブラックコーデにチャレンジしてみて!

 

 

 

①同じブラックだけど、素材が違うものを身につけてみる

秋は素材で季節を感じやすい特別な季節。ふわふわ・つやつや・ざらざら…さまざまな質感のブラックを組み合わせることで、さりげないメリハリをつけることができます。

 

https://wear.jp/superdry/8869251/

出典: WEAR

あえての黒色コーデュロイのワイドパンツで、定番のカジュアルコーデもすっかり秋モードに。素材の持つワークな雰囲気にはフィット感のあるトップスを合わせてきれいめにアップデート。ファー素材のバッグで季節感も取り入れてみて。

 

https://wear.jp/pjtamug/11466242/出典: WEAR

ショート丈のボアジャケットには白のケーブルニットを仕込んでメリハリのついたスタイルに!黒スキニーのシュッとした着こなしも、ボアジャケットのカジュアルな雰囲気がブラックに温かみをもたらしてくれます。

 

https://wear.jp/mayuko718325/11535776/出典: WEAR

黒よりグレーのボアコートで王道黒っぽコーデにチャレンジしてみて。ボア素材の軽快な雰囲気がブラックの持つ重厚な雰囲気を良い意味で打ち消して、丸みのある優しい雰囲気に導いてくれます。

 

 

 

②ブラックのトーンをあえて不揃いにする

一概に”黒”といっても、様々な黒があります。何もかも吸い込んでしまいそうな黒もあれば墨で薄くしたような黒もあったり、意外に種類がたくさん。ブラックコーデに軽さを出したければあえてトーンの違う黒アイテムを組み合わせてみるといいかも。

 

https://cdn.wimg.jp/item/34133390/20180927145516918/20180927145516918_500.jpg

出典: WEAR

ワンピースのブラックとレギンスのブラック、さらに足元やバッグまで全部がトーンの違うブラックでまとめられたコーデのポイントは濃い色が小物で取り入れられているということ。少し明るめのブラックワンピースはずっしり見えがちなオールブラックコーデを軽やかに見せてくれています。ブラックのクールさを引き立たせてくれるシルバーのアクセサリーも忘れずに。

 

https://wear.jp/remi9472/13122013/出典: WEAR

ウォッシュのかかったブラックデニムなら簡単に抜け感をGETすることができます。全部を同じ濃さのブラックにすると重たく見えてしまいがち。ですがたったひとつを、それもデニムパンツをライトブラックに変えるだけで一気にこなれたムードを漂わせることができちゃうんです。

 

 

 

③柄アイテムでさりげなく白を取り入れる

黒と相対する色といえば白。でも真っ白アイテムを取り入れるのはちょっと違う。あくまでも”黒っぽ”コーデにしたいから、黒×白の柄をうまく使ってみて。白の量でブラックコーデの印象もガラッと変わるので、その違いを楽しんでみるのもいいかも!

 

https://wear.jp/yan05/13171999/

出典: WEAR

ピッチ太めのボーダーがカジュアルムードを後押ししてくれるカットソーなら、気軽に黒っぽいコーディネートが楽しめます。白の割合が多いと、メンズライクなシルエットも心なしか女性らしい雰囲気に。

 

https://wear.jp/461127ma/11985659/

出典: WEAR

ピッチ細めのボーダーは知的さを上げてくれるありがたいアイテム。ドロップショルダーでリラックスムードを醸し出せば、気兼ねない雰囲気の装いが完成。

 

https://wear.jp/kanoman/13177641/

出典: WEAR

メンズライクなブラックベースのチェック柄シャツも、ホワイトが入っていれば爽やかな印象になります。わざとルーズなシルエットを強調することで、こなれた雰囲気も抜け感も手に入りますよ!

 

https://wear.jp/akurwear/13268024/

出典: WEAR

洋服はオールブラックでもバッグが柄物だったらどうでしょう?ハードなシルエットにシックなチェック柄が一つのアイテムに合わさったハンドバッグなら、程よく旬なムードを纏うことができます。チェック柄ならライダースジャケットのハードボイルドなムードをきれいめな印象にアップデートしてくれるはずですよ。

 

 

 

④肌見せで抜け感を醸し出す

何もファッションアイテムでしか抜け感を出せないと思ったら大間違い!おしゃれな人は”肌見せ”を抜け感を出す手段として使っているんです。

 

https://wear.jp/ayap0212/13149703/

出典: WEAR

ブラック×グレーのモノトーンコーデの良さを魅き立ててくれるのがスカートとスニーカーの間から覗く足首の肌色!同じトーンで全体が重たくみえてしまいそうなときは足首や手首、デコルテなどを見せるようにすると程よく抜け感が出るんです。

 

https://wear.jp/item/34134466/

出典: WEAR

ブラックのトップスはデコルテが開いたものを選ぶと軽さが出やすいですよ。ネックの形でも印象は変わりやすいですが、きれいめにまとめたいならVネックやスクエアネックが、カジュアルに寄りたいならゆとりのあるクルーネックやUネックがおすすめです。

 

 

 

抜け感もきちんと感も、黒っぽコーデで手に入る!

黒ニットに黒スキニーの女性出典: WEAR

重厚でシックでかっこよくて…そんなブラックだからこそ、大人女子らしい雰囲気で取り入れたいですよね。まずは気軽に取り入れられると思うものからチャレンジして、秋のブラックコーデをマスターしてください!

[記事公開日]2018.10.23 [最終更新日]2018.10.29

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県