シャツワンピの後継者!?2018秋コーデには《カーデワンピ》が便利です

カーデワンピを秋コーデに取り入れてみませんか?ニットワンピとして着たり、ロングカーデとしてさらりと羽織ったりと、とっても着回しのきく便利なアイテムなんです。この秋はシャツワンピの後継者、カーデワンピでワードローブを活性化させちゃいましょ♡

この秋はカーデワンピが気になります!

キャメルのカーデワンピにパンツをレイヤードした女性

出典: ZOZOTOWN

みなさん、カーデワンピって知っていますか?カーデワンピは、1枚でニットワンピとして着ても、ロングカーデとしてさらりと羽織っても使えるとっても便利なアイテムなんです♡着こなし方はシャツワンピとほとんど同じだけれど、身体にフィットするニット素材だから程よく女っぽく仕上げられるのが魅力。

 

この秋はロングカーデの進化形、カーデワンピを要チェックですよ!

 

 

 

1枚で着てほんのり女っぽく♡

シャツワンピのように様々に着こなせるカーデワンピですが、まずはボタンをとめてワンピースとして着てみましょう。しなやかに身体に沿うシルエットのものが多いので、1枚で着るとその女性らしさがグンと引き立ちます。それでいてカジュアルな印象の強いニット素材は、コンサバになりすぎないのが嬉しいですね。

 

黒のカーデワンピを1枚で着た女性出典: WEAR

タイトなIラインシルエットが女っぽいリブニットカーデワンピに、レザー素材のウエストポーチやローファースリッパをプラスしてちょっぴり辛口にシフト。裾の方のボタンを数個はずして、スリットのように見せるのも格好いいかも♡

 

グレーのカーデワンピを1枚で着た女性

出典: WEAR

前立てがサイドに寄せられたデザイン性の高いカーデワンピは、縦のラインを強調する大きめのボタンが着こなしにメリハリを出してくれます。起毛素材のトートバッグもインパクトのあるブロックチェックだから、足元はシャープなショートブーツでピリッと引き締めて。

 

ネイビーのカーデワンピを1枚で着た女性

出典: ZOZOTOWN

共布のベルトでウエストマークすれば、きちんと感がグンとUP!ふわふわのファーバッグなど小物も全部モノトーンでまとめた抑えた色使いで、甘すぎないガーリーコーデを完成させちゃいましょ。

 

 

 

ボトムスをレイヤードしても◎

ワンピース×ボトムスが最旬バランスの2018秋は、カーデワンピにパンツやスカートをレイヤードしてももちろんOK!1枚で着るときよりもカジュアルさが増して、こなれた雰囲気で着こなせちゃうんです。逆にあえてドレッシーなボトムスをレイヤードすれば、とびきり華やかに仕上げることもできちゃいますよ♡

 

ブルーのカーデワンピにスリットパンツをレイヤードした女性

出典: ZOZOTOWN

深みのあるブルーのカーデワンピにスリット入りのレギンスをレイヤードして、こなれ感たっぷりに。ショルダーバッグを短めに斜め掛けすれば、目線を引き上げて脚を長く見せることができます。あえてカジュアルに着こなすことで、ストレッチの効いたリブニットのフェミニンさも程よくセーブできますね。

 

ベージュのカーデワンピにキャメルのパンツを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

ベージュのカーデワンピのボタンを大胆にはずして、光沢のあるキャメルのパンツをのぞかせれば新鮮なレイヤードスタイルに。ゆるやかに広がるAラインのシルエットがエレガントな雰囲気を醸し出してくれるから、エッジの効いたレオパード柄のパンプスも上品に合わせられますよ。

 

黒のカーデワンピにチェックのプリーツスカートをレイヤードした女性出典: ZOZOTOWN

すとんとしたシルエットのリブカーデワンピに、秋らしいブラウンベースのチェック柄スカートをレイヤード。歩くたびに細かなプリーツが揺れて、動きのある装いが楽しめます。足元はゴツめのブーツを合わせて、重厚感のある長め丈アイテム同士のレイヤードとのバランスを取って。

 

ベージュのカーデワンピに花柄のワイドパンツを合わせた女性

出典: WEAR

オリエンタルな模様の入ったワイドパンツを重ねて、ベージュのカーデワンピをとびきり華やかに演出してみるのはいかが?ふわふわの巾着バッグやバレエシューズを添えれば、甘すぎないけれど大人のかわいらしさが薫る着こなしに。ちょっぴりおめかししたいデートコーデにも最適ですね。

 

 

 

ロングカーデとしてさらりと羽織って

ロングカーディガンにもなるカーデワンピは、さらりと羽織れるライトアウターとしても優秀なんです。タンクトップやTシャツなど中に着るもの次第で長く着回すことができるから、夏のような暑さを感じる日もあればちょっぴり肌寒い日もある秋の着こなしに活用しない手はありません♪

 

黒のキャミソールにデニムを合わせて、ブラウンのカーデワンピを羽織った女性出典: ZOZOTOWN

まだ暑さの残る秋の初めは、キャミソールやタンクトップにカーデワンピをさらりと羽織って。ふんわりと軽さのある生地ですが、あたたかみを感じさせるニット素材やアースカラーが秋らしさをグンと盛り上げてくれますよ。

 

ボーダーTシャツにベージュのパンツを合わせて、黒のカーデワンピを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

ボーダーTシャツなど、中に着るトップス次第で表情を変えられるのも、カーデワンピをロングカーデとして羽織るときの楽しみのひとつ。袖をまくってインナーをちら見せしたり、ボタンを2、3個だけ留めたり、そんな小さなことでこなれ具合いが違ってくるから、鏡の前で色々試して自分のベストバランスをぜひ見つけてくださいね。

 

サロペットにマスタードのカーデワンピを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

マキシ丈のカーデワンピをさらりと羽織って、カジュアルなオーバーオールコーデをシックに格上げしちゃいましょ。縦に流れるラインを強調してくれる太めのリブのおかげで、着痩せ効果も抜群。こっくりとしたマスタードイエローと黒の組み合わせが、秋の空気にひときわ映えてくれそうです♡

 

 

 

後ろボタンで着ちゃうのもアリ♪

フロントボタンが特徴のカーデワンピですが、前後を逆にして着てもかわいいんです。一見プレーンなニットワンピと思わせつつ、バックシャンな後ろボタンのディテールでみんなをちょっぴりドキッとさせちゃうのもアリかも!?

 

ネイビーのカーデワンピを後ろボタンで着た女性

出典: ZOZOTOWN

デコルテがVに開いたカーデワンピはそのまま普通に着ても女っぽいけれど、後ろ前に着ると意外性のある色っぽさが演出できちゃいます。ノーブルなネイビーなら上品な印象をキープできて◎。背中を見せる分、足もとはロングブーツを合わせて肌の露出を抑えるのも重要ポイントです。

 

ベージュのボトムスに黒のカーデワンピを後ろボタンでレイヤードした女性

出典: ZOZOTOWN

カーデワンピの下の方のボタンをはずしてボリュームのあるボトムスを合わせれば、ドレスを着ているかのようなシルエットがとってもドラマティック。それでいて色づかいはベーシックな黒×ベージュだから、トゥ―マッチになることなく着こなすことができますね。

 

 

 

カーデワンピを秋コーデに投入しよう!

白いロングカーデワンピを着た女性出典: ZOZOTOWN

この秋、何だか気になる存在のカーデワンピ。1枚で着たり、ボトムスをレイヤードしたり、あるいはロングカーデとして羽織ったりと着回しのきく優秀アイテムだから、秋コーデへの早めの投入が吉ですよ♡

[記事公開日]2018.10.13 [最終更新日]2018.10.17

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県