メイク上手さんが使ってる!仕上がりに差が出るひと手間ツールって?

みなさんの周りにもメイクが上手な女性っていますよね?メイクをする上で「器用である」ことはもちろん大切なことなんですが、そうじゃない人でもツール次第でメイクをキレイに見せることができるんです!今回は、リップブラシやスクリューブラシ…など、メイク上手さんが当たり前に使っている一手間ツールをご紹介。使い方も合わせて、たっぷりとお見せしちゃいます♡

メイク上手さんが使ってるひと手間ツールが知りたい!

みなさんの周りにもメイクが上手な女性っていますよね?自分のメイクとどこが違うのか…?秘密はメイク上手さんが当たり前に使っている「一手間ツール」にあったんです!スクリューブラシで眉を整える、リップはブラシで塗る…など、メイク上手さんはこの一手間をおしみません。今回はメイクが格上げする4つのツールと、その使い方&仕上がりについて詳しくご紹介します♡

 

 

 

ファンデのノリが変わる「水スポンジ」

ファンデーション、特にリキッドファンでやクリームファンデを使っている人は、素肌っぽい仕上がりが叶う「水スポンジ」を使うべし。手塗り→水スポンジに変えるだけで、ナチュラルなツヤ肌が簡単に作れちゃうんです!

 

水スポンジは水を含むことでぷっくりと膨らみます。感触もぷるっと柔らかくなり、少量のファンデーションでもよく伸びるんです!

 

使い方はリキッドファンデ、またはクリームファンデを鼻・頬・おでこにのせて、水スポンジでトントンと馴染ませるだけ。キメの細かいスポンジが肌にフィットし、ムラなくカバーしてくれます。ファンデの量が足りない場合はその都度ファンデを肌にのせて、理想の仕上がりになるまで量を調整しましょう。

 

水スポンジで塗った肌と、手で塗った肌を比べてみると、その仕上がりに差があるのが分かりますよね?水スポンジは薄づきで素肌感をしっかり残しているのに対し、手塗りは厚塗り感がありファンデの粉っぽさが残ります。しっかりと塗られたファンデはちょっぴり古い印象で、老けて見える可能性も…!水スポンジを使えば、テクニックがなくても、キレイなツヤ肌を作れちゃうんです♡

 

 

 

ふんわりとした大人眉毛が叶う「スクリューブラシ」

大人っぽい抜け感眉には「スクリューブラシ」が必須。ふんわりとした柔らかな眉が簡単に作れちゃうんですよ!

 

使い方は毛流れに沿って動かすだけ。眉頭など抜けを出したい場所は小刻みに動かし、眉尻などくっきりと見せたい場所はなでる程度でOKです。

 

スクリューブラシなしの眉はくっきりしすぎていて、ちょっぴり古臭いイメージ。キリッとしていて強い印象を持たれてしまいます。一方、スクリューブラシありの眉は、ふんわりとしたボリュームがあり、柔らかそうな印象です。描いている感がなく、ナチュラルな仕上がりですよね?

 

 

アイブロウマスカラの後にも使える!

ちなみに、スクリューブラシはアイブロウマスカラの後にも使うことができますよ。アイブロウマスカラの後は眉がペタッとしがちだと思うのですが、ブラシでとかしてあげることで自然な柔らかさを作ることができるんです。眉が変わると顔全体の印象も大きく変わるので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

ダマなしまつげが簡単に作れる「マスカラコーム」

マスカラ派のみなさんにぜひ使って欲しいのが「マスカラコーム」。まつげの流れを整え、マスカラ液のつけすぎによるダマを目立たなくすることができます。使う・使わないでは見た目の美しさが全然違うんですよ!

 

マスカラコームはマスカラを塗った後、まつげの上から通します。ポイントは、”毛先のみ”とかしてあげること。そうすることで根元に塗ったマスカラは残したまま、毛先のダマだけをキレイにとることができるんです。まつげが放射状に広がるよう向きも整えてあげましょう。

 

こ仕上がりにかなり差が出ますよね?マスカラコームなしのまつげは、まつげ同士が絡まりダマも残ったままの状態。一方、マスカラコームありのまつげは、自然に伸びたようなキレイな仕上がりです。まつげ1本1本が放射状に広がっているので、目も大きく見えますね。マスカラを使うのであれば、マスカラコームは必ず使うべきですよ!

 

 

 

縦じわにもきれいに塗れる「リップブラシ」

リップブラシはメイクのプロも使っているアイテム。唇との密着度も上がり、口角など塗りにくい場所もキレイに仕上げることができるんです。これも使う・使わないでは、仕上がりにかなりの差が…。唇美人になりたいなら、今すぐ使うべきです!

 

「プロも使っている」なんて言いましたが、使いこなすのは実は簡単。ブラシをリップにとって、輪郭を縁取り、内側を埋めるように塗るだけです。最後に上下の唇を馴染ませることで、より自然な仕上がりに。ブラシを縦にして塗ることで、縦じわ1本1本にもしっかりと塗り込むことができますよ。

 

仕上がりはこんな感じ。直塗りは縦じわも目立ち、ところどころ塗りムラも…。口角も上手に塗れていないですよね?一方のブラシ塗りは、均一に塗れていて、縦じわも目立ちません。上唇の山の部分や口角も、キレイに塗ることができていますね。ブラシを使えば、「塗るのが難しい」というイメージがあるマットリップも、簡単に使いこなせますよ。

 

 

 

ひと手間ツールを揃えて、メイクの腕を上げちゃおう!

一手間ツールを使うだけで、メイクの腕が上がります!どのアイテムも、ドラッグストアやバラエティショップで簡単に購入することができるので、ぜひ手にとってみてくださいね。

[記事公開日]2018.10.01 [最終更新日]2019.5.01

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS