アクアソムリエ直伝!実は美容に効果のある”水”の飲み方&選び方とは

日々の生活に欠かせない水。普段何気なく飲んでいる人も多いのかなと思いますが、実は美容に効果のある飲み方&水の選び方もあるんですよ。今回は、アクアソムリエを養成するミネラルウォーターの専門スクール「AQUADEMIA(アクアデミア)」校長で、自身もアクアソムリエの資格を持つ山中亜希さんにお話を伺ってきました。

きれいになるのに”水”は必須!

みなさんは毎日どれくらいの水を摂取していますか?水は私たちが生きていく上で欠かせないものであり、また美容の面からみても必要不可欠な存在です。普段何気なく飲んでいる人も多いのかなと思いますが、実は美容に効果のある飲み方&水の選び方もあるんですよ。

今回は、アクアソムリエを養成するミネラルウォーターの専門スクール「AQUADEMIA(アクアデミア)」校長で、自身もアクアソムリエの資格を持つ山中亜希さんに、きれいになる水の飲み方についてお話しを伺ってきました。

 

 

 

水を飲むべきベストなタイミングって?

普段水をあまり飲まない人にとっては、「なぜ水が美容にいいとされるのか」いまいちピンとこないですよね?水には、老廃物の排出を促し、新陳代謝をあげる働きがあります。血液の巡りがよくなるので、便秘解消や肌荒れの防止にも効果があると言われているんです。ここまでは世間でも広く知られている情報ではありますが、”どのタイミングで飲むべきか”までは意識している人が少ない様子…。飲む時間によって得られる効果は変わるのか…?早速山中さんに聞いてみましたよ!

 

 

Q.水を飲むべき時間帯っていつですか?

A.「まずは朝一番、胃に食べ物が入っていない状態でコップ一杯の水を飲むこと。就寝中に汗をかいて体が脱水している状態なので、この一杯はすごく重要です。また、食べ物が入っていない状態で飲むことで、お通じをよくする、代謝をよくするという効果もあります。ただ、起きた直後の口内は雑菌も多いので、一度口をゆすいでから飲むようにするといいでしょう。」

 

 

Q.食事の際も飲むタイミングを意識した方がいいですか?

A.「食事の直前の一杯は胃液を薄めてしまうので、消化の妨げになる可能性が高いです。飲むとするなら普通のお水ではなく、胃を刺激し胃酸を出しやすくしてくれる”炭酸水”がおすすめです。また食事中については、体内への栄養素の吸収を手助けするという意味で、食べ物を一口食べてから飲むようにするといいでしょう。」

 

 

Q.その他に飲むべきタイミングはありますか?

A.「あとは入浴前・入浴後ですね。入浴前に飲むことで、より汗を出しやすくすることができますし、入浴後は汗で水分が排出された状態なので飲んだ方がもちろんいいです。長めに半身浴する方は、入浴中もこまめに飲むようにしましょう。」

 

 

 

1回の適量、また1日に何リットル飲むべきなの?

では一回にどれくらいの水を飲むべきなのか?一日あたりの適量と合わせて伺ってみました。

 

 

Q.お水の適量ってありますか?

A.「私たちの身体は、一日に2.5〜2.6リットルの水を排出すると言われています。それを食事と水で補わなければいけないので、野菜や果物をよく摂取する人は1〜1.2リットルほど、あまり摂取しないという人は最低1.5リットルは飲んだ方がいいでしょう。多めに飲んだ分はきちんと排出されるので、健康&美容のためにもそれより少し多めの1.5〜2リットル飲むことをおすすめしています。一度に大量に飲むのではなく、一回あたりコップ一杯(180cc〜200cc)程度で大丈夫です。」

 

 

Q.お水はたくさん飲むべきだけど、一度に飲みすぎない方がいい?

A.「一度に飲むと臓器などに負荷をかけてしまうので、朝から夜にかけて7〜8回に分けて飲むのがおすすめですよ。先ほど飲むタイミングの話しをしましたが、実は”こまめに飲む”というのが一番重要だったりします。」

 

 

 

美容にいいのはやはり常温?

美容のためにはやはり常温の水が一番いいのか?このあたりの真相も山中さんに伺ってみました。

 

 

Q.水はやはり常温で飲むべきですか?

A.「冷え性の女性・身体が冷えやすい女性は、常温または少し温めて飲んだ方がいいですね。ただ、水は温めすぎると酸素がなくなり、ミネラルも沈殿して吸収しづらくなるので、少し温める程度でOK。冷え性ではない女性は、15〜16℃が適温だと思います。ただ、炭酸水の場合は、温度が高いと炭酸の刺激が出なくなってしまうので、10〜12℃くらいで飲むようにするといいでしょう。」

 

 

Q.逆に冷えた水を飲むべきタイミングはあるのでしょうか?

A.「冷たい水の方が体内への吸収は早いので、脱水しかけている時は5℃くらいの冷えたお水を飲むようにするといいでしょう。運動をした後も冷たいお水が飲みたくなると思いますが、個人的には10℃くらいの温度がおすすめです。」

 

 

 

美容に効く水の選び方もあるの?

最近では軟水の他に、硬水や炭酸水…などあらゆる水が販売されていますが、美容に効果のある選び方はあるのか?こちらも聞いてみました!

 

 

食事バランスが乱れている人は「中硬水」「硬水」がおすすめ!

「20代の女性だと丁度働きざかりで、食事が不規則になりがちですよね?『食事バランスが乱れているな』と感じ人は、カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている”中硬水”や”硬水”がおすすめですよ。これらのミネラルは、肌のターンオーバーにも関わりがあるので、そういう意味では美容にも効果があると思います。ミネラルは身体の中で作ることはできないので、水分補給しつつ手軽に補えるといいですよね。」

 

中硬水や硬水はコンビニやスーパーではあまり見かけないかもしれませんが、パッケージの硬度が178mg/L以上のものを探してみてください。軟水以外は、「飲みにくい」「おいしくない」と感じる女性も多いようですが、中には飲みやすいものもありますし、身体に必要なミネラルが豊富に含まれているので、一度お試しを。特に、食事が不規則になりがちな女性は、積極的に飲んでみるといいかも!

 

 

海外セレブ御用達の「シリカ水」も美容に効果アリ!

「シリカ水は、”きれいになれる水”として海外でも注目されていますよ。シリカは地殻などに含まれている鉱物で、ケイ素とも呼ばれています。細胞と細胞を繋ぐゴムのような働きをしているので、コラーゲンの生成にも関わっています。肌にハリが欲しい人、髪の毛にコシが欲しい人にすごくおすすめのお水です。」

 

シリカが含まれている水には、栄養成分の欄に「シリカ」の表記があります。シリカ水もあまり見かけないお水の種類ですが、コンビニならナチュラルローソンで、スーパーなら成城石井などの店舗で購入することができますよ。実際に飲んでみると軟水のものがほとんどですし、柔らかな飲み心地です。美容・健康意識の高い女性に支持されていることから、今後さらに注目が集まりそう!

 

 

便秘によるぽっこりお腹が気になる人は「炭酸水」が効果的!

「炭酸水は胃腸を刺激してくれるので、便秘の解消に効果的ですよ。朝一番、冷やした炭酸水を飲んでみるといいと思います。ただ、最近流行っている”強炭酸”の水はミネラルが少ないことが多いので、パッケージの栄養成分はチェックした方がいいです。カルシウムやマグネシウムがきちんと入っているか確認をして、できるだけミネラルが豊富なものを選びましょう。」

 

スカッとする強炭酸は一時のリフレッシュにはなりますが、毎日飲むのであれば、飲み心地以外のポイントにもしっかりと目を向けるべきなんですね。山中さんのお話しによると、水にこだわる人は”炭酸の入っていない普通のお水”と”炭酸水”を2つ常備しているそうですよ。飲む時間に合わせて、お水を飲み分けている人が多いみたい!

 

 

 

どうせなら効果的に♡水を飲んでキレイになろう!

食べ物と同じように、水も毎日飲むものだからこそ、商品選びから飲み方までしっかりこだわるべきなんですね。実は奥が深い水の世界、みなさんもぜひ水選びから見直してみてくださいね。

 

 

監修

アクアソムリエ 山中亜希
2004年、ミネラルウォーター専門店「AQUA STORE」の立ち上げと同時にイタリアにてアクアソムリエの資格を取得。2008年より、アクアソムリエを養成するミネラルウォーターの専門スクール「AQUADEMIA」を開校し、校長に就任するとともに、「AQUA STORE」のディレクターとしても活動。ミネラルウォーターの正しい知識・情報の普及のために、セミナーや講演、企業へのコンサルティング業務などを行っており、海外からもセミナーの講師として招聘されている。

[記事公開日]2018.10.03 [最終更新日]2018.10.05

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県