サービス名称を lamire に変更いたしました。

コーデがちょっと新鮮に!夏服に飽きたら買い足すべき4つのアイテム

ちらほらと秋のアイテムも出始めているけど、まだまだ暑い日は続くみたい…。全部をガラッと変えなくても、退屈になってきた夏服に新鮮さを与えてくれるアイテムで気分転換しませんか?最後まで夏のおしゃれを楽しめる買い足しリストを参考にしてみて♡

マンネリコーデの印象チェンジが叶う!真夏の買い足しリスト

https://wear.jp/copine2015/12769657/

出典: WEAR

今の時期から夏服を買い足すなら、トレンドアイテムよりも秋まで着られるようなベーシックアイテムの方がおすすめ。飽きのこないアイテムを取り入れるだけでもグッと新鮮味が増すんです。

 

 

 

Tシャツはシンプルな無地ブラウスと差し替えて

夏、これでもかというくらい着倒したTシャツにもそろそろ飽き気味…。そんなときはシンプルな無地ブラウスとチェンジしてみて。コットン地よりもとろみ感のある素材を選べば、雰囲気がガラッと変わりますよ。

 

https://wear.jp/ayap0212/12669552/出典: WEAR

レイヤード風のブラウスならシンプルなブラックでも目を惹く印象強さを感じられます。浅めのVネックがちょうど良い大人っぽさを出してくれるので、ボトムスはカジュアルなワイドパンツを選んでバランスよく仕上げて!

 

https://wear.jp/moimaru6/10289823/出典: WEAR

ホワイトがメインのスタイルも、白Tではなくてフレンチスリーブのブラウスをセレクトすることで洗練された装いになります。きちんとした印象のバッグやベレー帽を取り入れればかすかに次の季節の雰囲気も感じられますよ。

 

https://wear.jp/fellini/12886269/

出典: WEAR

少し涼しい日も増えてきたら袖丈が長めのブラウスを取り入れてみても良いかも。首回りがスッキリと開いたブラウスなら暑苦しい見た目にはなりません。フォーマルさのあるネイビーをデイリーに寄せたければ、ベージュなどのアースカラーを取り入れるのがおすすめ。ラタンやクリアバッグなどトレンドの小物を合わせても◎

 

 

 

秋まで使えるプリーツスカートで即こなれ

どの季節でも活躍するプリーツスカートを投入するのもGOOD!夏素材のプリーツスカートは秋口まで使える落ち着いたカラーのものをセレクトしてみて。

 

https://wear.jp/hashimiyu/12817297/

出典: WEAR

サテンの光沢感がポイントのプリーツスカートは明るめのキャメルブラウンをチョイス!こなれ感のあるブラウン系なら夏から秋まで存分に楽しめますよ。雰囲気変えが難しいTシャツもちょっぴりレディな仕上がりになります。締めは柔らかさのあるグレーのスニーカーでコントラストを和らげて。

 


https://wear.jp/harupi1230/12733773/出典: WEAR

ストンと落ちたシルエットが涼しげなプリーツスカートはブラックでまとめて清涼感を後押しさせて!ガーリーに寄りがちな小花柄はメンズライクな小物を合わせて程よい甘さに。

 

https://wear.jp/uethrnrk/12248775/出典: WEAR

印象的なデニムのプリーツスカートはオールシーズン使える優れもの。シンプルなアイテムを組み合わせても、重みのあるデニムがこだわりのあるスタイルへ格上げしてくれますよ。

 

 

 

サマーニットトップスで雰囲気変えを狙って

薄手のトップスに飽きたら、さらっとした質感が夏らしいサマーニットを取り入れて。シンプルなコットン地とはまた違うカジュアルさをゲットすることができるはず!

 

https://wear.jp/natsukoakahani/12708746/

出典: WEAR

ぎゅっと詰まった編み目のニットトップスは、下着が響きにくいので薄着が快適な夏にぴったりのアイテム。カジュアルなワンドパンツでもボトルネックを合わせれば大人っぽくまとまります。立体的なカゴバッグを合わせてこなれたオーラをものにして!

 

https://wear.jp/saaaanyan/12794414/出典: WEAR

夏らしい雰囲気満載なホワイトのパンツには、ベージュのニットトップスをあわせてリラックス度を高めて!締め色のブラックは少なめにして、マイルドな仕上がりにすれば肩の力が抜けたスタイルをキープできますよ。

 

https://wear.jp/19690129tj/12845731/出典: WEAR

一枚で主役級のデザイントップスを選ぶのもあり。ひとクセあるシルエットも、ベーシックカラーを選べばデニムやチノパンにも合わせやすいはず♪足元はスニーカーで頑張りすぎないおしゃれを心がけましょう。

 

 

 

着回し力抜群!羽織りでもイケるワンピが即戦力に

夏コーデに物足りなさを感じている人にぜひ取り入れてみてほしい、前が開くタイプのワンピース。一枚で着るのはもちろん、ガウン風に羽織れば飽き気味だったワンツーコーデに新鮮味が加わりますよ。

 

https://wear.jp/harupi1230/10224907/

出典: WEAR

ブルーの刺繍が爽やかなワンピースは、一枚で着るよりも羽織りにした方が抜け感を多く取り入れられますよ。丈が長いワンピースやガウンを羽織るときは、ボトムスはハイウエストを選ぶとスタイルアップに繋がります。

 

https://wear.jp/carmen1505/12501435/

出典: WEAR

レディライクなラップワンピースも、前開きで使えばルーズでこなれたシルエットに早変わり!ベーシックなアイテムの上から気軽に羽織るだけでシャレ見えするコーディネートになるんです。カシュクールなどの軽い素材感のワンピースなら、暑い日でも気負いせずに着ることができますよ。

 

https://wear.jp/iku1227/9921579/出典: WEAR

落ち着き感と目新しさの両方を併せ持ったグリーンのワンピースをガウンとして使えば、定番の組み合わせも華やかにランクアップ。半袖のワンピースなら暑さも気になりません。シックなカラーのワンピースにはナチュラルデザインの小物をあわせて季節感を加えて、大人女子にお似合いの装いに。

 

 

 

残りの夏もマンネリせずに過ごしたい!

サマーニットにデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

どうしても着る服が絞られてくる夏だからこそ、パッと雰囲気の変わるアイテムが必要!どれか一つ取り入れるだけで残りの夏のおしゃれも楽しめるはずですよ♪

[記事公開日]2018.8.07 [最終更新日]2018.8.10

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県