体感温度−3度!?今年の酷暑を乗り切る”涼しげ夏コーデ”はこう作る!

酷暑と言われている2018夏。なんとか少しでも涼しくなる服装がしたいですよね。暑すぎる夏を乗り切るためにも体感温度を下げるコーデを心がけてみると、ちょっとは快適に過ごせるかも!?見た目にも体感にも涼しいスタイルを作るポイントを教えます♪

涼しい夏コーデ教えます!

白ノースリーブにパープルスカートを履いた女性出典: WEAR

暑すぎる夏を少しでも涼しく過ごせるコーデで快適な毎日にしませんか?体感温度が3度下がったようなコーデになる着こなしやアイテムを要チェック。涼しげなスタイルで夏を乗り切って♪

 

 

 

涼しげ3大ポイント

涼しげなコーデを作るポイントは3つ。この3つを基準にアイテム選びをすると、いつもより涼しいスタイルになりますよ。

 

 

①締め付けがない

ベージュのフレアワンピ出典: WEAR

夏に締め付けのある服は暑すぎる…特にお腹周りや太もも辺りは暑さを感じやすいので、締め付けを回避。多少締め付けがあっても伸縮性があればOKですが、ピタッとしていてストレッチの効いていないものは着ていて辛いかも。

 

 

②熱がこもらない素材

リネンパンツにブラウンタンクのコーデ出典: WEAR

夏のアイテムでも熱が閉じこもってしまうものもあるので素材にも気を使って。特におすすめなのは「リネン」です。夏物のシャツやスカートに使われていることが多いので簡単に見つかりますよ。逆にNGなのは”ウールやアクリル”で、稀にニットにノースリーブに入っているので要注意。

 

 

③熱を集めない色

オールホワイトコーデ出典: WEAR

暑さ対策には色も重要なので、熱を集めない色を選ぶようにするといいですよ。特に”黒”は熱を集めやすいので気をつけて。白や薄いカラーは、黒よりも熱を集めないので体感温度はかなり変わりそう。

 

 

 

風通しのいい【ワンピースコーデ】

ワンピースなら1枚でコーデがキマって楽チン。しかも締め付けが少ないとなれば、いいことしかないですよね。暑苦しさから脱却するためにも選びたいアイテムです。裾が広がっているシルエットを選ぶのがベスト。

 

ストライプの半袖シャツワンピ出典: WEAR

マキシ丈のワンピースでも、フレアシルエットなら涼しく着こなせますよ。しかもシャツワンピースの涼しげな雰囲気が、見た目温度も下げてくれる気がします。丈が長いぶん、サンダルで抜け感を出すとこなれて見えて涼しいコーデが完成です♪

 

白のマキシワンピにストローハット出典: WEAR

真っ白のワンピースは暑苦しさゼロで、見ている方まで涼しくなりますね。コーデが寂しくならないように、小物を効かせるのがミソ。夏らしくストローハットを被るも◎アクセサリーやサンダルーを付けるならゴールドよりもシルバーが涼しげ見えしますよ。

 

パープルワンピース出典: WEAR

ウエスト周りが窮屈でなければ、多少シェイプされているものを選ぶと涼しげ見えさせながらスタイルアップ♪柔らかめ素材のワンピースなら、ウエストマークされていても暑さを感じにくくなりますよ。濃いめカラーのワンピースにはかごバッグや淡色アイテムをプラスして涼しさを演出。

 

 

 

見た目から涼しげ【シースルートップスコーデ】

透け感のある服は、コーデが軽やかに見えて見た目から涼しげ。肌がうっすら見えていて女性らしさもアピールできますよ。シースルートップスは、涼しげ見えNo.1かも♡

 

白のシースルートップスにドットスカートのコーデ出典: WEAR

白のシースルートップスは、肌にヴェールがかかって白く見えるのでレディ見え。軽めなトップスには少し重めのボトムスでもOK。マキシ丈スカートやワイドシルエットのボトムスもいいですね。ミニ丈だと幼く見えやすいので、少しボリュームのあるボトムスを選ぶことを意識して。

 

黒のシースルーニットにデニムパンツのコーデ出典: WEAR

黒は熱を溜め込みやすい色ですが、シースルーなら暑苦しさは軽減します。黒が熱を集めるとは言え、やはり黒好きさんは多いので、シースルートップスにしてみては。黒のトップスは肌とのコントラストがはっきりするのでコーデにメリハリをつけやすいですよ。

 

黒のドットシースルートップスにデニムパンツのコーデ出典: WEAR

黒のシースルートップスの中でも更に透け感のある”チュールトップス”なら、ほぼ透けているのでおしゃれしながら涼しいスタイルに。柄が入っているチュールトップスはグッとおしゃれ度がアップしますよ。見た目も着心地も涼しいスタイルを作りましょ。

 

 

 

黒以外を狙って!【シフォンスカートコーデ】

シフォンスカートは、そのフワッと感が涼しい雰囲気を醸し出すので夏にピッタリのアイテム。シフォンスカートは、膝下丈のものが多いので黒は避けて、カラーアイテムをチョイスして。

 

赤のすフォンスカートに白Tのコーデ出典: WEAR

赤のシフォンスカートコーデはパッと目を惹きますよね。ビビッドカラーは暑苦しい?と思われがちですが、歩くたびに揺れるシフォン素材ならふんわりとした印象になるので問題なし!他のアイテムはシンプルに仕上げるのがポイントです。

 

グリーンシフォンスカートのネイビータンクのコーデ出典: WEAR

ターコイズブルーのシフォンスカートは夏らしいカラーリングなので、THE夏という雰囲気を感じられますよ。トップスは黒よりもネイビーを合わせて、ブルー系のコーデをするとおしゃれ見え。

 

パープルシフォンスカートにサークルかごバッグ出典: WEAR

パープルのシフォンスカートは、重たく見えやすいのでかごバッグやサングラスなど、夏らしいアイテムをプラスして涼しげな雰囲気を作って。足首が見える丈感にすると抜け感が見た目の涼しさを感じられますよ。

 

 

 

暑苦しいのはもうたくさん!涼しいコーデをしましょ

白マキシスカートに白タンクのコーデ

出典: WEAR

2018夏は、少しでも涼しいコーデをして暑さを回避したいですよね。体感温度が下がるアイテムや着こなしをして、暑すぎる夏を乗り切りましょう。見た目も着心地も涼しい夏にして♪

[記事公開日]2018.7.24

NEW POST

ファッションの新着記事

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ファッションのランキング