サービス名称を lamire に変更いたしました。

「痩せない…」が口癖になってない?万年ダイエッターさんの原因10連発

「夏に向けて痩せたい!」と思っていたはずなのに、いつの間にかもう夏も本番。気づいたら全然痩せないままこの季節に…。考えてみれば夏に限らずいつも痩せたいと思っている気がしてくる⁉︎実はそんな人には痩せられない理由があるんです。

痩せたいのに痩せない人の理由10連発

いつのまにか口癖になっている「痩せない…」という言葉。もう口にするのもうんざりしませんか?痩せたいのに痩せられないあなたには、いくつかの原因がありそう。今回は数ある理由の中でも特に多い10個の理由をピックアップしたので、自分に喝を入れる気持ちで一読してみて!

 

 

 

①低カロリーのものばかり食べている

ダイエットし始めの頃によくみられる3食低カロリー生活。”カロリーゼロ”や”糖質カット”という言葉につられて栄養素の低い食事ばかりしていませんか?

 

実はカロリー・脂肪を減らすだけの生活を続けてると、身体がだるくなったり、必要な栄養が足りずに冷えやすくなってしまう恐れも。ダイエット成功はおろか、むしろ不健康な身体になってしまうかも…!

 

ヘルシーな食事=カロリー・糖質が低い食事ではありません。ジムのインストラクターさんもよく言っていますが、糖質や炭水化物を断ちすぎると便秘にもなりやすく、逆効果に…!一日の摂取カロリーをオーバーしない程度に、栄養のあるものを摂るように心がければ自然と痩せやすい身体になるはずです。特にタンパク質を摂ることが大事ですよ。

 

 

 

②睡眠時間が短い・夜更かしが多い

仕事で帰りが遅くなったり、なんとなくSNSをしていたりすると、あっというまに夜中になってしまいますよね。日付をまたいでから眠りにつくこともしばしば…。それこそが痩せない原因なんです!睡眠時間が不足していると、当たり前のように疲労が溜まりやすくなり、「食べたい」という欲求を強めてしまうそう。

 

痩せている人の平均睡眠時間は最低でも6時間あります。なので「早寝早起きを心がけて!」と言いたいところだけど、いままで夜更かししていたのに、急に就寝時間を早くするのは難しいですよね。そういうときはは早く寝ることよりも、早く起きることを心がけてみて。早起きすると自然に眠気が訪れますよ。

 

夕方以降にカフェインの多いコーヒーや紅茶、緑茶などは飲まない、夕食の量を減らし胃腸も休息モードにするなどが、安眠を誘うコツなのでお試しあれ!

 

 

 

③ご飯は食べないけど間食をしてしまう

食事の時間以外にもつい食べ物に手が伸びてしまうこと、ありませんか?しかもそういうときって大体甘いものが食べたくなってしまうんですよね。「わかっちゃいるけどやめられない…」その気持ちわかります。

 

だけどせっかく頑張ってダイエットしているのにそこで気が緩むのはもったいない!かといって我慢しすぎると逆にストレスが溜まって暴食に進んでしまうことも。

 

どうしても間食がやめられない場合、食べるものを工夫するのが一番良い方法になります。ダイエット効果を上げてくれるアーモンドやクルミ、ピーナッツなどのナッツ類は、摂りすぎは禁物ですがダイエットをサポートしてくれる豊富な栄養が含まれているのでダイエット中の間食にもおすすめ。

 

間違っても砂糖の方が多いチョコレートや飲み物は摂らないように気をつけて!

 

 

 

④「今日くらいいっか」と自分を甘やかす日が多い

「今日は頑張ったし…」「ダイエットは明日から!」とご褒美を与えて減量を延ばし延ばしにしている人も多いみたい。基本的にダイエットは「やろう!」と思った瞬間から行動するのがベター。頑張ったご褒美は食べ物以外をチョイスすると◎

 

例えば、コスメやお洋服など「痩せてきれいになったら身に付けたいもの」は自然とモチベーションが上がるのでおすすめです。ちょっとした旅行など、とっておきのご褒美を合間に挟むとより続きやすいですよ♡

 

 

 

⑤体重(数字)にこだわりすぎている

きちんとダイエットを行っていれば少しづつ脂肪は減っていきます。ですが数字のインパクトが少ないので痩せていないと勘違いして、極端なカロリー制限を始めてしまうことはありませんか?

 

ダイエットで減らすべきなのは体脂肪率であって、体重ではありません。もちろんある程度までは数字を気にする必要がありますが、まずは見た目重視で励んでいきましょう!毎日体重計に乗っている人は、思い切って一週間に一度だけにするなど、頻度を減らしてみるのもありかも。

 

 

 

⑥ちょっとの距離もエレベーターやエスカレーターを使う

ダイエットに成功している人はエレベーターやエスカレーターはあまり使わずに階段で移動するなど、さりげない行動も全てカロリーを消費することを心がけているみたい。

 

最初は効果が今ひとつ感じにくいけれど、続けていれば必ずその成果を感じられるはず。ちりも積もれば山となるとはまさにこのこと!

もちろん最初からハードな設定にしてしまうのはNG。毎日少しずつでいいので段数を増やしていくことが大切です。何気ない行動もエクササイズに繋げられたら確実痩せの第一歩が踏み出せそう♪

 

 

 

⑦冷たいものが大好き!

アイスやキーンと冷えたジュース、フラペチーノ…。おいしくってつい飲みすぎてはいませんか?

 

体を冷やすと美容に悪いとはよく聞きますが、実はダイエット中も避けたほうが無難かも。私自身冷たいものが大好きなのですが、試しに控えめにしていたら以前よりも痩せやすくなりました。ダイエットのためには「冷たい飲み物」よりも「温かい飲み物」を選んだほうがダイエットにはよさそう。

 

 

 

⑧普段から水分をあまり摂らない

普段から水分を多く摂っていると代謝が良くなって痩せやすくなる、とよく聞きますよね。現に私の周りの痩せている人たちも口を揃えて「とにかく水を飲む」と言っているので、これは試してみるしかない!

 

普段ジュースやコーヒーを飲んでいるところを、ミネラルウォーターに変えるだけで痩せやすい体に一歩近付けるかも。私もここ数年意識して飲んでいますが、飲まなかった頃よりも格段に体の軽さを感じるので、健康面でもおすすめです。

 

 

 

⑨とにかく短期間で痩せようとしがち

なるべく短期間で痩せたい!と意気込んでハードな運動を立て続けにしたり、極端に食事の量を減らしたダイエットはあまり長続きしませんよね。もちろん数日で数キロ減らすことは可能です。ただそれは、体脂肪が減ったわけではなく水分が減っただけというパターンが多いんです。

 

さらに短期間で落とした体重はキープするのが難しく、結果元の体重よりも多くリバウンドしてしまうことも…。ダイエットも継続が大切。ダイエットで痩せた身体を定着させるには一年かかるとも言われています。最初から飛ばしすぎないで長期的に続けられる方法を探してみて。

 

 

 

⑩「痩せたらどうしたいか」という明確な目標がない

やみくもに「ただ痩せたい」と思うよりも、「痩せたらこんなことがしたい!」という目標があるほうがダイエットに対するモチベーションが上がりますよね。紙やスマホに書き出して、痩せたらどうなりたいか、という目標を明確にしてみましょ!

 

目標はできるだけ具体的な内容にするのがポイント。例えば

 

・夏はプールに行く約束してるから、絶対ビキニを着る

・旅行に行くから痩せた身体で写真をたくさん撮りたい!

・◯◯の服がかわいい!着たいから、絶対痩せる。

・このデニムが○月○日までに履けなかったら手放す

 

などなど、できるだけ具体的でリアルな目標を立ててみるといいかも!

 

 

 

もう「痩せない…」は終わり!

当てはまる原因はいくつありましたか?この10個を克服したら、きっとあなたもダイエット成功者♡

[記事公開日]2018.8.09

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県