サービス名称を lamire に変更いたしました。

フットネイル苦手さんのためのペディキュア術!色選びから塗り方まで♡

手のマニキュアはしなくても、夏だしフットネイルだけでもしようかなと思う人、いますよね。でもいざやってみると思ったより上手く塗れなかったり…そんなフットネイルが苦手な人のために、簡単ぺデュキュア術を紹介します!コツをおさえれば塗りやすさUP!

フットネイルの苦手意識を克服しましょ

夏はサンダルを履いて足を出すことも多いので、フットネイルだけでもやろうかなと思う人も多いですよね。ですが、意外と上手く塗れずに時間がかかってしまうなんてことも。簡単できれいに塗るための術を教えます♪

 

 

 

苦手さんでも塗りやすくなる2つのポイント

何も考えずに塗ろうとすると、上手くいかなかったり塗りにくいなんてことにもなります。2つのポイントをおさえれば、塗りやすさがUPしますよ!

 

 

①失敗しにくいマニキュアを選ぶ

マニキュア4本

マニキュアのカラーはたくさんありますが、苦手さんが選ぶべきはラメ入り・濃いカラーです!淡色もかわいいですが色ムラになりやすいので上手く塗れない率高め。濃い色ならムラになっていても目立ちにくいんです。ラメが入っていると誤魔化しやすいですよ。

 

 

②セパレーターを使うと塗りやすい!

セパレーター

フットネイルをしているときに指と指の間隔が狭くて塗りずらいのなら、指を広げる「セパレーター」を使うといいですよ。普段パンプスなど先端が細くなっている靴を履いている人は指が縮こまっているのでセパレーターをセットすると格段に塗りやすくなります。

 

 

 

いざ、塗っていきます!

①ベースコートを塗る

ベースコート塗る

マニキュアを塗る前にベースコートを塗って爪の凹凸を無くします。ベースコートを塗ることで発色が良くなるんです。

 

 

②先端からマニキュアを塗る

先端塗る

まずは先端だけ塗っていきます。一番ハゲやすい先端を最初に塗っておくことで仕上がりにも持ちにも差が出ますよ。

 

 

③マニキュアを少なめにとって中央を塗る

ネイル真ん中塗る

マニキュアのボトルでブラシをしごいて量を少なめにし、爪の中央を塗っていきます。2度塗りをするので1度目は多少薄いくらいでも大丈夫ですよ。親指は大きいので真ん中から塗りますが人差し指〜小指は小さいのでこの過程を飛ばして③にいってOKです。

 

 

④左右を縁までしっかり塗る

除光液と綿棒

次に、端までしっかり色を乗せるイメージで左右も塗っていきます。はみ出てたら綿棒に除光液をつけて拭けばいいのではみ出ること前提で端までしっかり塗ることが大切です。すぐであれば、はみ出たマニキュアも落としやすいので問題なし。

 

 

⑤2度目はマニキュア多めにとってしっかり塗る

マニキュアと指とオイル

2度目はブラシにマニキュアをたっぷり付けて塗っていきます。色を乗せるのはこれが最後なので理想の仕上がりになるように慎重に。ただ、ゆっくりすぎるとムラの原因になるのでスピード感を持って塗ってくださいね。

 

 

⑥トップコートとネイルオイルで仕上げ

指とトップコートとオイル

これで完成です!トップコート→ネイルオイルの順で塗ります。トップコートはマニキュアを塗った時と同じく①〜③の手順で塗っていきます。ネイルオイルは甘皮を重点的に塗ると乾燥を防げますよ。ここでの仕上げでモチが変わってくるので最後まで気を抜かずに仕上げましょう。

 

 

 

簡単ペディキュア術を試してみて

フットネイルの苦手意識がなくなればペディキュア時間が楽しくなって、かわいいネイルで気分も上がるはず。ぺデュキュア術を習得して夏を思いっきり楽しんで♡

[記事公開日]2018.8.06 [最終更新日]2018.8.10