ピンク・ブルー・パープル…梅雨にピッタリ”あじさいカラー”コーデ

初夏といっても、実際は雨が降り続く憂うつな梅雨どき。こんなときは、雨空の下でキレイに咲き誇るあじさいカラーをコーデに取り入れて、気持ちを盛り上げていきましょう!ブルーにパープル、そしてピンク。あなたはどのあじさいカラーをチョイスする?

初夏はあじさいカラーをコーデに取り入れて♡

ブルーやピンクなど色とりどりのたくさんの傘と、白Tにデニムを合わせた女性出典: WEAR

昔から日本人は四季折々の花の色を装いに取り入れて、季節感のあるおしゃれを楽しんできました。私たちも、時にはそんな風流なコーディネイトに挑戦してみませんか?たとえば、初夏の今ならあじさいが盛りの季節。憂うつな梅雨どきも、かわいらしい花を咲かせているあじさいのブルーやパープル、ピンクを毎日の着こなしに投入すれば、自分も周りもHAPPYな気持ちになれちゃうかも!?

 

 

 

さわやかなブルーは梅雨どきにピッタリ

しとしと雨が降り続き、どんよりと曇った日が多くなる梅雨どきに、そこだけ青空を切り取ったかのように咲くブルーのあじさい。そんなブルーの力を借りて、初夏にピッタリのとびきりさわやかな着こなしを楽しんでみるのはいかが?雨空続きのウツウツを吹き飛ばす、一番の特効薬になってくれますよ♡

 

ブルーのストライプシャツにカーキのスカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

さわやかさで右に出るものはいないブルー×ストライプのコンビ。しかもハリのあるシャツなら、ちょっぴりルーズに着こなしても清潔感をキープすることができます。カジュアルなカーキの台形スカートにゆるっとフロントインして、涼しげにこなれ見えを叶えちゃいましょ。

 

ブルーのオープンショルダーのワンピースに、黒のワイドパンツを合わせた女性

出典: WEAR

セクシーな印象の強いオープンショルダーのブラウスも、ブルーならやりすぎにならずさわやかに着こなせます。肩が露出する分、襟もとの詰まったデザインを選んだり、ワイドパンツを合わせることで他の部分の肌見せを控えめにするのがポイントですね。

 

ネイビーのリネンワンピースに白のパンツを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

からりとしたリネンのワンピースはネイビーの発色もやわらかく、まるで濃いブルーのあじさいのような色合い。フロントボタンのデザインだから、パンツを合わせてカジュアルダウンしたり、キャミやタンクトップにさらりと羽織ったりと、この夏とことん着回せちゃいそうです♡

 

白のティアードワンピにデニムを合わせた女性

出典: WEAR

デニムのブルーも、立派なあじさいカラー。ふわりと広がる白のティアードワンピにウォッシュの効いたデニムをレイヤードすれば、ワンピースのイノセントな魅力はそのままキープしつつ、程よく甘さを抑えてあげることができますよ。

 

 

 

パープルでちょっぴりミステリアスに

あじさいを漢字で書くと「紫陽花」。そもそもあじさいの花の色は土の成分によって青っぽくなったり赤っぽくなったりするらしいのですが、キレイなグラデーションをつくって咲く紫のあじさいは神秘的でエレガント。このあじさいのようなパープルをどこかに取り入れると、シンプルなワンツーコーデでも簡単に着こなしに奥ゆきを出せちゃうんです。薄着の季節にニュアンスのある繊細なおしゃれを楽しみたいなら、ぜひあじさいパープルに頼ってみて!

 

パープルのカットソーにブロックチェックのマキシスカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

クールでありながら女性らしいやわらかさも演出できる青みパープルのカットソーに、大ぶりのブロックチェックが夏らしさ満点のマキシフレアスカートを合わせて。フェミニンだけれど媚びはない、そんな一筋縄ではいかない「いい女」っぽさを演出できるのがミステリアスなパープルの強みですね。

 

パープルのビッグTシャツに白のパンツを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

カジュアルなビッグシルエットのTシャツだって、深みのある紫なら洗練された雰囲気に。クリーンなホワイトのパンツでリッチ感を上乗せすれば、クリア素材のサンダルやキッチュなかごバッグを合わせてもチープにならず品のある着こなしが楽しめます。

 

パープルのサーマルワンピースを着た女性

出典: ZOZOTOWN

鮮やかな赤みパープルが華やかなサーマルワンピース。1枚でコーデが完成しちゃう上に、着ていて楽チンなキレイ色のワンピースは何枚あっても嬉しいもの。シンプルなデザインなら、ベルトでブラウジングするなど小物づかいでアレンジを加えられるのもたまりません。

 

白のトップスにパープルのティアードスカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

たっぷりとボリュームのあるティアードスカートは、コクのあるダークパープルでちょっぴりレディに着こなすのもおすすめ。白のトップスを合わせて初夏らしいさわやかさをアピールしつつ、足もとにレオパード柄を効かせて遊び心のあるおしゃれを楽しんで♡

 

 

 

シックにまとう可憐なピンク

土の成分の関係で、青や青紫のものが多い日本のあじさい。でもピンクのあじさいだって、とっても魅力的ですよね。もし私たちがそんなあじさいのピンクを身にまとうなら、甘く着るよりもちょっぴり辛口に着こなした方が大人っぽく仕上がるはず。夢見る少女のように可憐なピンクを素っ気ないくらいカジュアルに着ることで、大人女子ならではの愛らしさをさりげなく薫らせることができちゃうんです!

 

ピンクのブラウスにカーキのパンツを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

淡いピンクのブラウスは、Vネックやハリのある生地でシャープさを印象付けるのが◎程よい光沢感とシワが表情豊かなリネン素材なら、こなれ感もバッチリ。ハイウエストのベイカーパンツに無造作にタックインして、とことん甘さをそぎ落として。

 

ピンクのカットワークブラウスに黒のサロペットを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

ボリュームスリーブのレース刺繍ブラウスも、甘すぎないカットワークレースをチョイス。だぼっとしたシルエットのサロペットを重ねれば、ピンクの分量が抑えられてよりクールに着こなせます。

 

くすみピンクのワンピースにデニムを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

くすみがかったピンクが、ヴィンテージ感を漂わせるカットソーと布帛の切り替えワンピース。スウィートなデザインですが、ダスティカラーだから甘すぎずシックに着こなせます。裾からチラリとのぞかせたスキニーデニムも、ワンピースのカジュアルダウンに一役買ってくれますよ。

 

黒のノースリーブトップスに鮮やかなピンクのギャザースカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

鮮やかなピンクのギャザースカートは、黒のリブタンクでコントラストを効かせた着こなしに。媚びのない、潔い肌見せが逆にヘルシー♡甘いはずのピンクがとびきり格好よく見違えます。

 

 

 

あじさいカラーコーデで、梅雨を乗り切ろう!

黒Tシャツにパープルスカートを履いた女性出典: ZOZOTOWN

さわやかなブルーやミステリアスなパープルに可憐なピンクと、あじさいカラーは着ている自分も目にした人もみんな気分がアガるキレイ色ばかり。ぜひあなたもそんなあじさいカラーを使ったコーデで、憂うつになりがちな梅雨どきもHAPPYに過ごしちゃいましょう!

[記事公開日]2018.6.23 [最終更新日]2018.6.24

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS